東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ←不動産ブログランキングに参加しています。
                   おかげさまで10位前後におります。。
                   左のトンボさんを応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 

             

昨日の「アジアの片隅で」の続きです。

「サーパス」ブランドのマンション分譲大手の穴吹工務店が会社更生法の適用されましたね。
負債総額はグループ2社を合わせると1509億円。
今年5番目の規模の倒産で、不動産業界では2月の日本綜合地所、5月のジョイント・コーポレーションに次ぐ破綻となりました。

昨年からの負の動きが止まりませんね。

まだまだ大なり小なり続くと思います。

金融機関の企画・審査部門では、個人のパッケージ型ローンは別として、メガバンク規模ですら、建設・不動産セクターとしてデベも大家さんも同じ者が担当していることが多いです。

さらに融資スタンスが厳しくなりそうな気配です。

バブル崩壊の時を思い出します。

いつかきた道です。 → ranking


また、東証マザーズ上場のアルデプロが粉飾決算を行っていたとして、証券取引等監視委員会が、金融商品取引法違反の疑いで、課徴金約2億8千万円の納付命令を出すよう金融庁に勧告しましたね。

最も悪質だった20年7月期には、連結純資産を約175億円も水増ししていたそうです。

金融機関は粉飾を非常に嫌います。
すいませんでは済みません。

個人の不動産投資でも、最近は金融資産が少ないと融資が受けられないからといって、
預金額を虚偽に水増しするのはやめた方が良いです。
一度失った信用はデータベースに残り、死ぬまで回復しません。

ただ、自分が銀行で融資を担当していた時に実感したのは、
ビジネスの世界に限らず真実と事実は異なることです。

ここの微妙な境にチャンスをものにできるか否か分かれることがあります。


続きはまた次回に

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ ← 応援の1クリックお願いします
               クリック頂けると、嬉しいです^^

コメント
この記事へのコメント
>一度失った信用はデータベースに残り、死ぬまで回復しません。

重い言葉ですね。
金融機関は信用が第一ですから。
私もどんなに数字がよくても
信用できない人には融資をしないようにしてました。
2009/11/25(水) 10:50 | URL | 小川 武男 #-[ 編集]
地銀が相当食らってるようですね・・・
庶民派マンションは、ほぼ壊滅です
2009/11/26(木) 00:10 | URL | kkenji1 #-[ 編集]
小川さん

結局は人ですね。
金融機関系の不動産関係者さんは皆同意見です。
2009/11/26(木) 12:46 | URL | ジェービル #-[ 編集]
kkenji1さん

そうみたいですね。
でも都心の高級物件はもっと大変です。
2009/11/26(木) 12:47 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/96-c4735f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック