東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03



本日の日経朝刊によると、オリックス銀行は12月から個人向けの不動産投資ローンで対象物件を広げるそうです。

クレディセゾンの子会社で不動産担保融資を手掛けるセゾンファンデックスの保証を活用。
従来は難しかった築20年超の物件の購入資金を融資できるようにするとのこと。

 東京都内には1990年前後に建った木造アパートが多く、融資できれば個人投資家の売買が活発になると判断。
従来は東京と大阪が中心だった対象地域も、北関東のほか地方の政令指定都市にも広げる。

同行の不動産投資ローン残高は年10%前後で伸びているそうです。

今年の9月に金融庁の動きを健美家コラムに書きましたが、早くも良い動きが出てきています。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/37.html ← アパートローンはどう変わる?~金融庁の銀行検査見直しが大家さんに与える影響~

今回の融資対象エリアは、地方にも広げるようですが、銀行が融資するからといって、無条件に飛びついてはいけません。

今日、更新した健美家コラムで、注意点を書きましたので、参考にしてください。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/43.html ← 地方高利回り物件で今後、気を付けなければいけないこと



人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^


コメント
この記事へのコメント
一人会社の課税強化は、どうなんでしょうか?
2013/12/02(月) 22:09 | URL | アッキー #-[ 編集]
それも今日のインパクトのあるトピックスでしたね!!

税調での動きを注視します。
2013/12/02(月) 22:24 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/952-b83c43ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック