東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健美家コラム更新しました。

今回は、銀行の融資できるエリアや工夫が限定される理由と、なぜ全国の富裕層・資産家が、東京の不動産を取得するかについてです。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/42.html ← 健美家コラム最新話

付け加えると、地方の企業が本業に関係のない賃貸不動産を自己資金で取得する場合があります。

これは、自己資金の運用という理由のほかに、いざスポット的に運転資金や設備資金が必要になった時に、その不動産を担保にして金融機関から資金を調達しやすいという側面があります。

また手元にある現金などが借入金を上回る「実質無借金」の上場企業は、2012年度末では全体の52%にもなり、連結決算が本格化して以降、初めて半数を超えました。

バブル崩壊時には、企業の財務内容健全化の為に資産と借入を貸借対照表からはずすオフバラ化が流行りましたが、実質無借金の企業が増えてくると安定した運用先を探します。

上場企業の財務担当者は、サラリーマンリスクがありますので、為替差損益の出る海外での運用を好みません。

地方の企業と同様に損が出にくく、いざという時に担保に入れられ資金調達に使える東京の不動産を好みます。

このように競合が多い中で、東京23区の不動産をフルローンで取得して、インカムゲインを得ていくのは、不動産マーケットが上向いている中では至難の業です。

コラムでも書いたような銀行のチェックをクリアしつつ、収益力を向上させるところに大家さんとしての力量が問われます。


http://www.kenbiya.com/column/okamoto/42.html ← 健美家コラム最新話


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/951-527819b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。