東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

東京は連日の猛暑です(^_^;)

そんな中、ハプティックさんに依頼していた築古RCマンションのリノベがほぼ完成しました。

ビフォー・アフターの写真を掲載しますが、今回は内見セットは無しです。

最近、築古RCマンションのリノベは専らハブティックさんに依頼しているのですが、大抵リノベ工事完成前に入居者が決まってしまいます。

さらに今回の部屋については、リノベ工事前に入居者さんが決まってしまいました。

ハプティックさんのナチュラルリノベーションTOMOSシリーズの良い所は、キッチンや床材、小物設備がパッケージ化されているので、他の物件を内見しても大体のイメージが掴めるところ。

http://www.haptic.co.jp/valueproposition/index.html ← コンセプトはこちらをクリック

自社でグッドルームというこだわり賃貸ポータルサイトを有し、客付仲介もハプティックさんが行っています。

http://www.goodrooms.jp/ ← グッドルームのポータルサイト

これがどのような相乗効果があるかというと、既にリノベが完了して募集中や契約後入居前の部屋を案内して、他のエリアや賃料帯を希望している入居希望者さんに他のTOMOSブランドのニーズにマッチした部屋を提案できるということ。

入居希望者さんは、普段からリノベ物件を見て回っている大家さんと異なりイラストや写真では、リノベ後のイメージは掴めません。実際の現場を見て、初めて実感できるものです。

もちろん法外な賃料設定では決まりにくいでしょうが、私の物件は、もうすぐ築40年の築古物件なれど同じエリアの新築マンションより高い賃料ですぐに決まります。

同じ部屋としても、リノベ前からリノベ後では、賃料が2割以上アップします。

ハプティックさんが提携しているリフォームローンを使えば無担保で15年でリノベ資金を調達できるので、リノベ費用を負担しても、リノベ前よりキャッシュフローも改善します。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/17.html ← リフォームローンについて

築古物件を相応のコストを掛けてリノベしても、キャッシュフローは改善し、入居者さんの質も向上し、しかも満足して頂けるので、部屋が空いたら、順次リノベしています。

それではビフォー・アフターの写真です。

まずは、玄関よりLDKを望みます。

元々は2DKの間取りでしたが、一部壁と戸を取り払い、開放感を出しました。












リビング部分は元は畳部屋でしたが、ダイニングキッチン部分つなげて、無垢のフローリングにしています。







こちらは奥の居室です。

こちらも畳部屋でしたが、無垢のフローリングにして、押入れをクローゼットに変更。
奥の壁にはアクセントクロスを貼りました。





今回、最も悩んだのがバストイレ。

元は3点ユニットバスではないのですが、、変則のバス・トイレ・洗面合一でした。

間取りが変形なので、ハプテックさんとどうするか悩みましたが、上手い具合に浴室とパウダールームに分けられました^^










今年は、既に3室をハプティックさんにリノベしてもらいました。

秋には、もう1室リノベしてもらう予定です。

同じ物件でも、毎回毎回少しづつバージョンアップしていますが、今年のリノベで、この物件についてはほぼ完成形に近づいたと思っています。


http://www.kenbiya.com/column/okamoto/35.html ← 健美家コラム最新話


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/934-8630fa6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック