東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球温暖化が進むと今世紀末には大雨の増加で河川の洪水リスクが最大約4倍になり、大都市圏の東京、大阪、伊勢湾沿岸では海抜ゼロメートル地帯の面積が1・5倍に広がって高潮被害の危険性が増すと指摘した報告書を環境省、文部科学省、気象庁が公表しました。

報告書によると、日本の今世紀末の平均気温は、今後の温暖化対策の進め方によって変わるが、20世紀末に比べて約2・1~4・0度上昇すると予測しています。

 短時間に極端に降る大雨が全国で増加し、約3度上昇した場合は、全国の1級河川で洪水が起こる確率は現在の1・8~4・4倍になります。

 三大湾(東京湾・伊勢湾・大阪湾)にはゼロメートル地帯が広がっていますが、仮に海面が60cm 上昇するとゼロメートル地帯の面積、人口が5 割も拡大するため、将来の海面水位の上昇は深刻な事態をもたらすおそれがあります。

温暖化

上の図は、今世紀末の三大都市圏(左から大阪湾、東京湾、伊勢湾)の海抜ゼロメートル地帯。地球温暖化による海面上昇で、現状(オレンジ)から赤の地域まで拡大する恐れがあります。(環境省提供)

未来に限定せず、最近はゲリラ豪雨も増えて浸水被害が実際に既に起こっています。

私が10数年前の銀行員時代に名古屋に赴任していた時、台風でもないのに大洪水で、あるエリアの1階が完全に水没したこともあります。

不動産を取得するときには、水災のリスクも勘案して、取得検討しましょう。
買っていけないわけではなく、リスクに見合うリターンがあれば良いと思っています。


http://www.kenbiya.com/column/okamoto/27.html ← 健美家コラム最新話 


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/913-9541cf8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。