東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

健美家コラム更新しました。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/22.html ← 健美家コラム 融資も視野に入れた資産管理会社活用法

2013年度の与党税制改正大綱の原案では、
○中小企業には800万円を上限に交際費をすべて損金算入することを認める。
 現在は年600万円を上限に9割までしか算入できないため、
 全額を対象にして中小企業の営業活動を後押しする。
○所得税の最高税率を40%から45%に引き上げ。課税所得4000万円超の部分を対象に適用。
○相続税の最高税率を50%から55%へ。6億円超の相続財産を対象に
○相続税は個人が住宅に使っていた土地の減税について、対象を現行の1.4倍となる330平方メートルまでの土地に広げる。
○相続税の死亡保険金の非課税枠(法定相続人1人あたり500万円)の拡大は見送る。
など、大家さんにとって注目すべき内容が盛りだくさんです。

不動産のマーケットは、実際の需給バランスのみで形成されるものではありません。

その時の税制・金融環境に大きく影響を受けます。

不動産価格もバブルの時のように日本全体の相場が総じて同じ方向に振れるわけではありません。
今では、同じブロックでも表通りと裏通りでは動きは違います。

融資も全ての方に緩和されるわけではありません。
人や企業にとっては厳しくもなるでしょう。

視野を広く、アンテナを高くして、今の自分の属性やポジションを勘案しつつ、投資エリアや物件にどのように影響するか判断していかなければなりません。

いずれにせよ既に大きなうねりが起こっています。

インフレや金利動向も含めて大波に対応できるよう早めの備えが必要です。


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^








コメント
この記事へのコメント
これで。。。
素敵なお店もみんな、、、に、、、。

> ○中小企業には800万円を上限に交際費をすべて損金算入することを認める。
2013/01/23(水) 17:58 | URL | K藤 #-[ 編集]
K藤さんらしいナイスなコメントです
d(⌒ー⌒)! 
2013/01/25(金) 08:57 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/898-4fc816ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック