東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと、さきほど2つ目の会社の決算作業が終わり、税理士さんにデータを送付しました。

これで年内の締め切りのある作業は、ほぼ終わりました。

来年は、節税と相続対策の為に、3つ目の会社を立ち上げる予定です。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/20.html ← 健美家コラム最新話 資産管理会社を使ってキャッシュフローをアップさせる方法




先週末になりますが、ビーフンデザインの進藤さんの新作を拝見してきました。

オフィシャルブログ

先月から多忙で、いろいろなお誘いを謝絶しています。
しかし、今回の新作は、先月契約した新築用の土地にどのような建物を創るか悩んでいるところに丁度ヒントになりそうな建物でしたので、最優先で見学会に参加しました。

まず、最初におやっと思ったのは、エントランスに向けての外壁がすっきりしていること。

あまり配管が露出していません。

通常、コストパフォーマンスとアフターメンテナンスを考えると配管がもっとのたうちまわっています。

水回りを1階に集約すると、コストカットの他に外観を良くする効果もあるのですね。



重層長屋にする時も、レイアウトを考える上でヒントになります。


下の写真の部屋を拝見した時に、なにゆえ段差があるのか疑問に思いました。

構造上、梁が出ざる得ないから、それを上手く利用したそうです。

実は構造上問題が無くても、特に狭い部屋では、空間を広く感じさせるための有効な手段です。

他の建築士さんの別物件の写真は見たことがあるのですが、リアルに体験したことは無かったので参考になりました。
都心の狭小物件で機会があったら取りいれてみたいと思います。



ロフトがウッド調の部屋もありました。

周辺には自然が残っている環境なので、白一色で無い方が調和し、入居者もくつろげることでしょう。



今回の気になった一番の特徴は、土間玄関の引き戸。






今回のコンセプトは、オーナーの趣味に合わせたサイクルハウスですが、私が、次にやろうと思っている新築のコンセプトにも使えるツールです。

ここ最近の進藤さんの作品を拝見して、つくづく思うのは、「進藤物件はオーナーを選ぶ」ということ。

普通の管理会社に任せて、あとは宜しく不労所得を望んでいる不動産投資家では、収益の最大化は図れないでしょう。

コンセプトが尖っていたり、普通のマイソクではわかりづらい長所が、進藤物件の良いところでもあります。

もちろん過去の物件も拝見しているので、普通の不動産投資家向けのコストパフォーマンスの良い物件も作ることはできるのも存じてます。

でも、それではつまらないです。

よく、投資物件を作品と思ってはいけなく、キャッシュフローを得るための一手段として割り切りなさいという意見を聞きます。

それはそれで一理ありますが、賃貸住宅の需給バランスが崩れていて、その状況がますます悪化していく中で、現時点では良くても、果たして5年後10年後に財務内容が十分でない新興大家さんが事業として好業績を維持できるかはなはだ疑問です。

私は私なりにいろいろな物件のコンセプトを温め、一部は実践し、またクライアントさんにも、その方の状況や趣味に応じて提案しています。

極端に尖がったコンセプトでなくても結構ですので、なにかしらのコンセプトを付けるのが、今後、大家さんとして生き残るポイントになるでしょう。

人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/888-9622d0d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。