東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

健美家コラム更新しました。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/20.html ← 健美家コラム最新話 資産管理会社を使ってキャッシュフローをアップさせる方法

これから数回に分けて、不動産管理会社・資産保有会社を使った節税対策・相続対策について解説していきます。

銀行員時代から富裕層・経営者層・地主大家さんのコンサルティングをしていますが、新興大家さんは、この分野での意識がまだまだ薄いと感じています。

自民党政権になるのでペースは遅くなっても、資産税など富裕層狙い撃ちの税制は長期的には強化されていくことでしょう。

大家さん=富裕層では必ずしもないのですが、税制上は同じマーケットにあてはまることが多いです。

当面の所得に対する節税によるキャッシュフロー向上と将来避けられない相続対策。

私もサラリーマン時代から資産管理会社を立ち上げました。

その後も1社立ち上げて、来年はもう1社立ち上げるかもしれません。

セミリタイアできる規模以上の大家さんを目指す方は、早目の対応をお薦めします。


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^





コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
28日に個人所有の不動産5件を資産管理法人に売却します。

法人が信金から融資を受けて私から買い取るわけですが、融資額は私の残債+登記費用です。

信金からの融資額で売却すれば、決済時には問題ないのですが、それだと時価より6000万円くらい安く売ったことになり、差額分の贈与税を取られそうでどうしましょう?

今のところ、土地の相続税評価額+建物の簿価+400万円くらいで売ろうかと考え中ですが、普通は皆さんどんな内容で売買してるのでしょうか?

また、この方法で決済すると融資額だけでは足りないので、不足分は法人から私に決済後10年くらいかけて分割払いしてもらう必要があります。

利子取らないと税務署怒りますか?
2012/12/19(水) 18:25 | URL | K藤 #-[ 編集]
わぉー

うちも管理会社なので楽しみな企画!

裏技をお願いいたします(笑)

K籐さん
うちの税理士さんによると利息は必要みたいなことを言っていたような気がします(笑)
2012/12/20(木) 00:35 | URL | ベンベン #-[ 編集]
K藤さん

個人から資産管理法人のような同族間取引については、時価(市場価格)で売買しなけれぱならないです。

ひとつ間違えると譲渡所得に対する所得税・住民税・重加算税・延滞税。法人についても法人税・住民税・事業税・重加算税・延滞税がかかります。

税務調査の対象にもなりやすいので、必ず税理士さんに相談した方が良いです。

個人から法人への貸付利息は取っても取らなくても大丈夫です。

但し、利息を取る時は同族間取引なので、利率については不動産売買価格と同様に気を付けなければならないです。

具体的なアドバイスは税理士でないとできないので、税理士に相談願います。
2012/12/20(木) 09:57 | URL | ジェービル #-[ 編集]
補足で
会社が個人に貸した場合
会社とは利益を追求するので、利息をとらなければダメ。
個人が会社に貸した場合
個人は利益を追求するわけでもないので利息をとらなくてもOK
って説明を受けました。
よくわかるような、わからないような。。。。
2012/12/20(木) 10:53 | URL | ベンベン #-[ 編集]
ベンベンさん
捕捉サンクスです^^
法人から個人の場合は必須ですね。
2012/12/20(木) 11:01 | URL | ジェービル #-[ 編集]
ありがとうございます!
ジェービルさん、ベンベンさん、ありがとうございます。

金利を取ると処理がめんどくさいので、取らずに済んで良かったです。

問題の売買価格ですが、月額千円の税務相談相談の先生によると、相続税評価額以上で第三者にいくらで売れるかを参考に、とのことでした。

そこで、最初のコメントの金額を考えたわけですが、申告上の簿価よりまだ二千万円以上低い額なので、、、。

そんなわけで、これから信金に行って、担保評価の算定根拠のコピーをもらってきて参考にしてみます。

ありがとうございました!
2012/12/20(木) 17:55 | URL | K藤 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/886-0c7d8292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック