東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

先日、8棟目となる新規シェアハウス用物件の取得・リノベ資金の融資が3行で認可となりました。

中古住宅のリノベ物件で金融機関も夏休み取得期間中ですので苦労するとは当初より思っていましたが、想定以上にとてもとてもとても時間が掛かりました。

融資特約無しの契約だったので、決済までの期間を十分に取ったつもりでしたが、認可が契約書上の決済期限近くとなり、ホッと一息です。

今回、融資を打診したのは、主力行の他に新規行2行。

認可条件は、全行ともオーバーローン・耐用年数超えでした。
土地・建物取得資金の他に、諸経費とリノベ費用も満額融資を受けることになりました。

その中で、融資条件が一番良かったのは、主力行。

しかし、今回は主力行の認可条件に比して融資期間も短く、金利も高い2番手の銀行でお借りすることにしました。

当然に主力行は上司の方が、「うちで借りてくれ」と事務所にお願いにいらっしゃいました。

でも、今回なぜ他行から借りることについて、道理を持って説明し、納得してもらい、お帰り頂きました。


私は、金融機関とのお付き合いで信義を一番に重んじます。

単発案件の取引条件の優劣だけで、どこで融資を受けるか決めることはありません。

短期的には、条件が良い方がいいに決まってますが、長期的に考えれば、違う場合もあります。

それは、銀行員として17年間融資を出していた経験から身を持って知っています。


最近、クライアントさんや大家さんの友人知人から「金利を引き下げてもらいました。」「今より良い条件で他の金融機関で借り換えました。」というお話をよく聞きます。

他行借り換えも念頭において今借りている金利を下げることについての相談もよく受けます。

銀行が積極的に肩代わりを提案するのと、凄腕大家さんが自慢げに実績を話すのを聞いて真似されようとする方も多いです。

しかし依頼を受けたうちでお受けしているのは約7割でしょうか。

残り3割については、今はしない方が良いとアドバイスして、謝絶しています。

多分、他のコンサルさんでしたら仕事ですから受けて、他行借り換えも辞さずで金利引き下げ折衝をサポートしているかもしれません。

どのような方が金利引き下げ折衝をしても良いか、また他行借り換えをしても良いかは、健美家コラムで書こうと思ってますのでお楽しみに。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/12.html ← 健美家コラム最新話へ


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^



コメント
この記事へのコメント
さすがです。
あの物件ですね。

次は、リフォームですね。どう変わるか楽しみです。
2012/08/25(土) 07:56 | URL | 赤井誠 #-[ 編集]
あの物件です。

赤井さんやふくちゃんのアドバイスも参考にリフォームします^^
2012/08/25(土) 11:11 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/857-a6d7d22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック