東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

先日記事に書いたハプティックさん施工してもらっている築古RCマンションのリノベ工事ですが、8割がた仕上がってきました。

303キッチン


以前は、数百万円程度のリノベーションの資金は、融資を受けるのに手間もかかるので、借入でなく、自己資金で賄っていました。

手間がかかる以外に、個人的な事情ですが、10年程度の借入期間では、2~5年前までは自己資金を使おうが、借入しようが長期の資金繰りの中ではあまり差が無かったからです。

しかし現時点では、私個人の借り入れについては、あと5年でほぼ完済してしまいます。
*資産保有会社や家族名義の借り入れは、まだ残ります。

なので、最近はあまり大きくないリノベ資金についても金融機関から調達するようにしています。

手許資金でも対応可能ですが、次の物件取得の為の自己資金を厚く内部留保しておくために、借りれるものは借りるようにしています。

フルローンも大丈夫かもしれませんが、金融機関の融資スタンスは逐次変化します。
お得な売り急ぎ物件や瑕疵物件を取得する上でも、手許資金は昨今のマーケットを鑑みれば多いに越したことはありません。

リフォーム・リノベ資金の調達は、大体、無担保で期間は10年ぐらいでしょうか。

最近は、資料をほとんど出さず、申込書1枚で済む金融機関も利用するようになりました。

審査も1~3日程度で手軽です。

詳細については健美家コラムで連載していますので、参照願います。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/11.html ← その1

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/12.html ← その2

まだ続きます。


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/856-35b3ef01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック