東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

先日、秋田の乳頭温泉郷 鶴の湯に宿泊してきました。

私は、あまり同じ所をリピートすることは少ないのですが、ここ鶴の湯だけは毎年のように訪れています。

まさに山奥にあり、携帯の電波もほとんどつながりません。

そしてテレビもありません。

下の写真は正面入口から見たところです。

入口左側は茅葺きの建物です。

鶴の湯1


各建物は、渡り廊下でつながっています。

鶴の湯2

宿泊した2階の部屋から屋根を見たところ。

屋根が苔生してます。

鶴の湯3

テレビは無い、携帯はつながらない、建物は歪んで網戸は破れ隙間風が入ってきます。

でも、満室で予約が取れないこともしばしば。



こちらはホームページから拝借した茅葺の本陣の室内。

本陣

こちらは、他の方のブログから拝借した座敷の囲炉裏の写真。

囲炉裏

そしてなんといっても泉質と景色の良い露天風呂
露天風呂


やはりコンセプトがしっかりと確立している物件は強いです。

そして、一見全てが築古レトロのように見えますが、トイレについては、きちんと清潔な洋式洗浄便座付水洗が備えられています。

建物は究極の築古でも、掃除や食事のサービスは行き届いており、必要な設備は現代風のを備える。

そのバランス感覚は絶妙です。

そのまま東京の賃貸住宅で真似しようとしても無理ですが、いつ訪れても見習いたいと思わせる温泉宿です。


http://www.kenbiya.com/column/okamoto/10.html ← 健美家コラム個別金融機関の融資スタンスの変化


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^




コメント
この記事へのコメント
いいですねェ・・(*^^)v・!
私もここの乳白色の温泉が好きです。

しばらく行ってないので、角館も含めて行きたいです。
2012/07/31(火) 12:51 | URL | ヨッシーです・・(*^^)v・! #-[ 編集]
ヨッシーさん
私も乳白色でほのかに香る硫黄臭の温泉が大好きです^^
2012/08/01(水) 22:34 | URL | ジェービル #-[ 編集]
ワビ・サビの世界ですね
私も、乳白色の温泉が好きです。
特に、昔の万座プリンスホテルが好きでした!
(このところ、イロモノ絶好調・・・らしい?)
2012/08/04(土) 10:42 | URL | アッキー #-[ 編集]
アッキーさん

万座辺りも良いですね^^
イロモノと万座はイメージが合わないのですが時代の流れなのでしょうか。
2012/08/05(日) 20:46 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/851-f1e23b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック