東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みずほ信託銀行系の調査によると今年前半の不動産売買額は2009年下半期の2倍まで回復したとのこと。

なかでも不動産投信による物件の取得、大型の取引が増えているそうです。

東京では、大型オフィスビル完成による需給悪化が一巡し、消費税引き上げ前の駆け込み需要をにらみマンション用地の仕入れも活発化しています。

これらの動きは直接はギーク大家さんには影響は少ないです。


かたや、中小企業金融円滑化法の来年3月末の期限切れを控え、今年度に入って金融機関側が借り換えに応じないケースも出てきました。

金融庁も再生の見込みの無い企業は延命させることがないよう方針を転換しつつあります。

金融庁は、円滑化法の終了に伴って支援が必要になる企業は5~6万社と見込んでいます。

円滑化法のおかげで競売や任売を免れてきた物件の不動産市場への放出が始まりつつあります。

この数年の間、沈静化していたマーケットが活発化するでしょう。


金融不動産マーケットの大波小波を的確にとらえて、それぞれのポジションで積極的に波に乗るシーズンがやってきます。

健美家コラム最新話では、個別金融機関の融資スタンスの変化のタイトルでニッチ不動産マーケットへの銀行の対応を書いてますので、ご参考に

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/10.html ← 健美家コラム個別金融機関の融資スタンスの変化


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^



コメント
この記事へのコメント
岡元さん、はじめまして。

kenbiyaコラム、銀行内部の考え方がわかりやすく書かれていると思いました。

当方は不動産投資の傍ら、サラリーマンでは、業界は異なるものの、監督官庁が同じで「保険検査マニュアル」に対峙する仕事をしております、お話し心に染み渡ります。
2012/07/29(日) 07:38 | URL | かもじゅう #nmxoCd6A[ 編集]
かもじゅうさん

はじめまして

どこの業界でもインサイドでないと分からないことが多いですね。

これからも宜しくお願いいたします。
2012/07/29(日) 11:06 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/850-72ccad2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。