東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

4月に入り、引き続き、不動産賃貸業・売買仲介業・管理業、コンサルティング、コラム執筆、セミナー講師等で相変わらず多忙な毎日を送っています。

そんな中、目下の最注力業務は、東京房屋初のシェアハウスのオープン準備です。

大田区南馬込の駅近の戸建を全面リノベして、こじんまりとした猫飼育可能シェアハウスに仕上げました。

以下、シェアハウスの運営を担当している女性社員のブログより

「ネコ好きの女性の要望に応えて
 東京にありそうでなかったネコ飼育可能女性専用シェアハウス
 *犬猫飼育可シェアハウスはありますが・・・ 犬と一緒はちょっと心配ですよね・・・
 大田区南馬込の駅近の可愛い白亜の住宅をネコと住みやすいようにフルリフォームしました  
 こじんまりとした女性専用シェアハウスなので、猫と、そしてシェアメイトと
 癒される生活が過ごせます^^
 自分でネコを飼ってなくても、ネコ好きの女性なら入居可です
 また、ご要望があれば仔猫もお世話します

◎ネコ専用ならではの特徴   
 廊下・階段等の共用部、各個室にキャットウォークを設置  
 共用部と各個室の間のドアには、ネコ専用出入口を設置   
  *あなたがお出かけ中もシェアハウスの中でネコちゃんは、のんびりとくつろげます  
 各個室に除臭機能付エアコンと小型換気扇を設置   
 ペット用の床と壁紙を採用していて、お掃除も簡単
   *ペットならではのニオイや汚れにもきちんと対応してます

◎一番の特徴  
 ペット飼育可のマンション・アパートは時々見掛けます  
 でも小型犬のみ飼育可で、猫はダメな場合も・・・  
 その理由は、爪とぎによる建物へのキズ付けとニオイのケースが多いです 
 「猫を飼ってもいいよ」と言われて入居しても、退去する時に室内の床や壁紙の張り替え、
 クリーニングに、なんと100万円以上請求されるケースも(>_<)   
 シェア・ラ・キャットは退去時の猫の引っ掻きによる損傷やニオイによる費用は、
 一切掛かりません
 安心して住むことができますねd(⌒ー⌒)!

◎4月下旬より入居可能です 」


写真等は、シェアハウスのブログに記載しています

http://sharelacat.blog.fc2.com/ ← ネコシェアハウスのブログ

最近は、家具・家電・調度品のコーディネートで毎日のように車を走らせてます(汗)

でも、それはそれで楽しいですけど^^



http://www.kenbiya.com/column/okamoto/03.html ← 健美家コラムへ


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^


コメント
この記事へのコメント
猫好き大家として、興味津々です。

ちなみに、内見会の開催予定はありますでしょうか?
2012/04/04(水) 20:42 | URL | mii #-[ 編集]
猫好きブロガーの狼です。
ワタクシ内覧会があるならぜひ参加したいです。

よろしくおねがいします。


2012/04/04(水) 22:34 | URL | 狼旅団@地下潜伏中 #-[ 編集]
さすが!
目の付け所が、ジェービルさんですね!
ニッチに特化ですね。
こーなるとは、想像もつきませんでした。
2012/04/05(木) 06:57 | URL | アッキー #-[ 編集]
miiさん
自社の物件は、いつもは内覧会を開催するのですが、今回は近隣が閑静な住宅街で、取り決めがあるので開催できませんm(_ _)m
猫シェアブログに逐次UP致しますので、そちらをご覧願います^^
2012/04/05(木) 07:58 | URL | ジェービル #-[ 編集]
狼さん
定例打ち合わせ、物件検討会の前にご案内致します^^
2012/04/05(木) 08:03 | URL | ジェービル #-[ 編集]
アッキーさん
慣れてくると最初の物件内見時に完成後が頭に浮かんでくるようになります^^
アッキーさんならセルフリフォームも取り入れて是非チャレンジしてください!!
2012/04/05(木) 08:10 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/825-952c775a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック