東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

各種報道によると、

「国土交通省は、省エネ性能が高い住宅の普及を目指し、2012年度に創設予定の認定省エネ住宅制度(仮称)について、市街地から離れた郊外の物件を対象から外す方針を決めた。

認定住宅には税制優遇措置が適用されるが、減税の恩恵を受けられる地域を中心部などに限定し、住宅や公共・商業施設の集約化を進める。

住宅省エネ化と、車に頼らず歩いて暮らせる街づくりを進め、二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指す。
 
認定省エネ住宅は、現行の省エネ基準を満たした上で、標準的な冷暖房などの設備を使用する住宅よりも、エネルギー使用量が1割以上少ない物件を対象とする。

ただ、市街地から離れた郊外に省エネ住宅を建てても、通勤や買い物などで車を頻繁に使えば、CO2の削減はあまり期待できない。このため、認定に当たっては、市街地の一定地域内に立地する物件を対象とし、税制優遇措置を通じて市街地への建設を誘導する考えだ。」

国土交通省は、人口減少に伴う公共投資の効率化の為、コンパクトシティを目指すべく政策転換を進めています。

エコを前面の理由に据えつつ、実際はコンパクトシティ実現への予算配分の一環と思われます。


今回の認定省エネ住宅制度について、市街地から離れた郊外とみなされ対象からはずされた地域については、この制度にとどまらず、いろいろな優遇措置が受けられなくなる可能性もあります。

また道路、上下水道などの公共インフラの整備・更新にも格差がつくかもしれません。

これからは切り捨てられる地域と生かされる地域が分けられます。

中長期的には、不動産の価格形成に大きな影響を与えそうです。


「間違いだらけ?の投資用不動産選び!」  ← 不動産投資で失敗したくない人はこちら


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^







コメント
この記事へのコメント
お世話になりました
今年も大変お世話になりました。

どうぞ良いお年をお迎えください。

来年も1月からお目にかかりそうですねえ~(笑)

来年もどうぞよろしくお願いします☆
2011/12/31(土) 10:40 | URL | 母ウッチー♪ #-[ 編集]
来年もよろしく
 鳥です。

 来年もよろしく

 お願いします。
2011/12/31(土) 13:23 | URL | 鳥 #-[ 編集]
母ウッチーさん

こちらこそ今年もお世話になりました。

確かに来年も1月からお会いしそうですね。

もしかしたら複数回(笑)
2011/12/31(土) 18:04 | URL | ジェービル #-[ 編集]
鳥さん

今年もいろいろなところでありがとうございました。

来年も宜しくです^^
2011/12/31(土) 18:05 | URL | ジェービル #-[ 編集]
謹賀新年2012
明けましておめでとうございます。
いつも有益な情報ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
2012/01/04(水) 09:59 | URL | たっけです。 #-[ 編集]
たっけさん

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします^^
2012/01/07(土) 10:37 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/794-8666b09c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック