東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の讀賣新聞の記事の抜粋です。

「政府は5日、5000万円を超える預金や不動産を海外に保有する個人を対象に、国外財産に関する調書の提出を義務づける制度を創設する方針を固めた。

海外資産をつかみ、徴税を円滑にする。2012年度税制改正大綱に盛り込み、14年提出分から適用する。

新制度では、毎年12月31日時点で保有する財産について、翌年3月までの調書提出を義務化する。提出者には、後で国外財産に関する申告漏れがあった場合でも、過少申告加算税を5%軽減する優遇措置をとる。

逆に、故意に提出しなかったことがわかった場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科すほか、国外財産に関する申告漏れがあれば、過少申告加算税を5%重くする。」

預金や証券の純資産で5,000万円というと結構な金額ですが、不動産投資でレバレッジを効かせれば、総資産としては、すぐに超過する金額ですね。

円高や高所得者・資産家への課税強化もあいまって、最近は、海外投資を検討・開始されている方が多くなっています。

江戸っ子で、都区内ドミナント戦略を取っている私ですら、昨年から研究・調査しているご時世です。

今のところ、不動産投資家ではなく、不動産賃貸業者としてのポジションで経営していますので、まだ実際に海外投資はしていないですが。

ただ、元々、銀行員として外為実務を行っていましたし、現在のビジネスでクライアントさんの海外不動産投資家の方々やプライベートバンカーの友人と情報交換したりしていますので、年々資産捕捉・課税強化の動きが厳しくなるのを肌で感じています。

次回は、実際に日本の税務当局がどうやって海外資産を捕捉しているか書きたいと思います。


確定申告に向けて節税対策の佳境の時期ですね。
私も重宝しています。
不動産投資税務マニュアル 
     ↑
詳しくはこちらをクリック


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^




コメント
この記事へのコメント
鳥です。

 クリックしました。
2011/12/07(水) 13:41 | URL | 鳥 #-[ 編集]
とりあえずHSBCの口座は保有してます。
小遣い、旅行代程度になる程度のポジションを持って、
日本でCDで出金・クレカ決済という方法が取れなくはないなぁ~とは思ってましたが

最近は国税も香港の細かい口座もチェックするみたいですね。

きちんと申告しても利点がある場合のみやろうかな
2011/12/08(木) 00:51 | URL | ぼ~や #-[ 編集]
鳥さん

いつもありがとうございます^^
2011/12/08(木) 09:21 | URL | ジェービル #-[ 編集]
ぼーやさん

中国・香港共、日本と租税条約を締結していますので、筒抜けですね。

とりあえずは5,000万円超ですが、そのうち金額基準が下がるかもしれないですね。
2011/12/08(木) 09:26 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/785-b8d12d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。