東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週の週明けに、地下駐車場の契約者様から、「水が溜まっています」と連絡がありました。

早速、現地に行きますと、20~30cmほど浸水していました。

自動車のバンパー下まで。

写真の右壁のところに最高水位の跡があります。

地下駐車場

一瞬頭が真っ白になりましたが、気を取り直して、ズボンの裾を上げ、池と化した中をザブッザブッと進み、写真右奥の制御盤の所に到達。

浸水の原因は、2つある排水ポンプの一つの故障でした。

制御盤の故障でなくて良かったです。
自動交互運転から手動に切り替えて、排水開始。
1時間ほどで水はひきました。
*写真は、排水開始して一息ついてから撮ったので、かなり水位が下がってます。

台風や集中豪雨でも、浸水することはないのですが、
地下水の湧水ピットがあり、逐次排水しないと、水が溜まってきます。

この物件は、2年前に上水の揚水ポンプが故障したことも。

どちらも交換してから10年以上経ているので、寿命なのでしょうが。

水は無いところにあっても、出るところで出なくても困ります。

不動産というのは、配管の漏水や壁・屋上からの浸水も含めて、水との戦いとつくづく思います。


「間違いだらけ?の投資用不動産選び!」  ← 不動産投資で失敗したくない人はこちら


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^

   

コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です。
迫力の画面に一瞬固まりました。
水は本当に気をつけていても事故ありますよね。。
2011/10/06(木) 14:43 | URL | kamochan #-[ 編集]
お疲れさまです。
制御板がやられなくって何よりです。

私も、雨漏れの原因調査中です。

先週にペンキの塗り替え時期確認のために
屋根に登ったばかりの建物で、そんな兆候はみられなかったので・・・・・

エアコンの配管関係かなと???

設備関係なら、契約どおり借主持ち。

ドキドキ。
2011/10/06(木) 15:31 | URL | ベンベン #-[ 編集]
直圧、排水ポンプレスな建物がやっぱし安心ですね。
おつかれさまでしたー
2011/10/06(木) 16:55 | URL | *たろう* #-[ 編集]
うわ!ビックリ!
ビビりました。
降雨ではなく、地下水、そんなこともあるんですね。
2011/10/06(木) 21:47 | URL | すあま #-[ 編集]
写真見ましたが、壁面の水位が・・・これは怖いですね。。。

制御盤が無事でなによりです。

地下ピットの排水ポンプは雑排水ポンプのように頻繁に動くの以外は普段あまり動かないのでプロペラが錆びてロックしちゃう事があるそうです。

地下に部屋を持つうちのマンションでこんなことが起きたら一晩で髪の毛が真っ白になっちゃいますw
2011/10/07(金) 09:23 | URL | 塩辛い狼 #-[ 編集]
kamochanさん

気を付けても、なってしまいます(汗)
センサーを付ける等セーフティーネットを対策を取ろうかと考えてしまいます。
2011/10/07(金) 20:39 | URL | ジェービル #-[ 編集]
ベンベンさん

借主持ちは助かりますね。
エアコンは借主が付けているのでしょうか。
2011/10/07(金) 20:42 | URL | ジェービル #-[ 編集]
たろうさん

>直圧、排水ポンプレスな建物がやっぱし安心ですね。

まさに!!
メンテナンスコストが全然違います。
2011/10/07(金) 20:47 | URL | ジェービル #-[ 編集]
すあまさん

地下水位が高いところは要注意です。
2011/10/07(金) 20:49 | URL | ジェービル #-[ 編集]
塩辛い狼さん

>地下ピットの排水ポンプは雑排水ポンプのように頻繁に動くの以外は普段あまり動かないのでプロペラが錆びてロックしちゃう事があるそうです。

そうらしいですね。
なので、わざと地下水が少しずつ溜まるようにピットに穴を開けているそうです。
地下居室だと、賠償問題になりますね(汗)
2011/10/07(金) 20:52 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/766-c78d195c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。