東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

アトラクターズ・ラボの沖 有人氏が、日経ビジネスで「ブルーアイランド戦略」についてコラムを書かれていました。

沖氏の講演は、サラリーマン流不動産投資道場やその他のハウスメーカー系無料セミナーで何度か聴講したことがあります。

沖氏は「ブルーアイランド戦略」について下記のように説明しています。
「他人がやっていない小さな事業を見つけて、こっそり始める。
そして一気にノウハウを確立してしまえば、大手企業といえども、簡単には手を出してこない。
しかも、市場が小さければ、「まあ、あの分野は面倒だからやめておこう」となる。
そして、小さいながらも市場の独占が続く。これほど、おいしい事業はないと思う。
なにせ、競合相手がいないのだから。」

 さらに沖氏は「ブルーオーシャン戦略」と下記のように比較しています。
「これは、いわゆる「ブルーオーシャン戦略」と似ているように聞こえるが、まったく違う経営戦略だと思ってもらっていい。
そもそもブルーオーシャンは、競争の激しい市場「レッドオーシャン(血で血を洗う競争の激しい事業領域)」から逃げるように、競争のない未開の大市場(=ブルーオーシャン)を切り開こうという主旨だ。
 しかし、ブルーオーシャンには難点がある。
まず、成功する確率が低いこと。
そして、さらに問題なのは、もし成功を収めたとしても、あまりにも巨大な市場を切り開くがために、多くのライバル企業が乗り込んでくることだ。
実は、ガポガポ儲かる期間が非常に短い。」と 。


「ブルーアイランド戦略」は、中小のメーカーさんがよく取る手法です。

私も、銀行員時代その戦略を取っている企業をいくつも担当していました。

売り上げは数億円から数百億円程度まで様々です。
中には部品メーカーもあれば完成品メーカーもあります。

総じて同じであったのは、その製品・商品のシェアの大半をその会社が占めていること。
規模は小さくても、競争相手がいないので、業界平均より利益率は高いです。

その戦略が取れている会社は二つの理由があります。

一つは特許を取得し、他社が参入できない状況を作れていること。

もう一つは、マーケットが小さく、他社がその事業に割り込んで新規参入に必要な投資額とリスクに対して、相応の利益が見込めないこと。

一社ではなく、業界団体を作り、その団体加盟各社間で特許を融通しあい、新規参入をはねつけていたケースもありました。

では、個人の大家さんで、「ブルーアイランド戦略」は可能でしょうか。

私は可能と思っています。

今まで、自分のドミナントエリア内でどちらかと言えば、ニッチなコンセプトの物件をプロデュースしてきましたが、先月取得した物件についてはさらにニッチなマーケットを追求しようと、企画を進めています。

ただ、「ブルーアイランド戦略」は、総じて「不労所得」にはなりにくいです。

誰でも労せず簡単に新規参入できるのなら、すぐに「レッドオーシャン」になってしまいます。

個人が趣味と実益を兼ねて営むところに、大家さんの「ブルーアイランド戦略」での勝機があると思います。

ワンルームリフォーム、59.8万円から。ハプティック株式会社 ← こちらもニッチ戦略の一つかと
ここをクリック←私の依頼例です

人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/749-6425894f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック