東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直近では、日本の長期金利は低下傾向にありますが、米国債格下げを機に「次のターゲット」をめぐる思惑が市場に広がっています。

まずは欧州。

フランス国債のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)の保証料率が急上昇しています。

フランスについては、ギリシャ国債に対する金融機関の損失が大きいのが主な要因です。

対岸の火事ではありません。

日本国債への視線も厳しさを増しています。

S&Pは1月、外貨建て・自国通貨建て長期ソブリン格付けを「AA」から「AA─」に引き下げ、その3カ月後の4月には格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」にして、一段の引き下げの可能性を示唆。ムーディーズは5月、日本政府の自国通貨建て・外貨建て債務格付け「Aa2」を引き下げ方向での見直しを発表。月内にも見直し結果を公表する見通しです。

世界の債務危機問題で、日本国債の格下げが現実に行われた場合、一気にマーケットの注目が日本に向けられる可能性が高くなってきました。

実際、日本の保証料率も最近1%を超え、リーマンショック以来の過去最高水準に迫っています。

日本国債CDSのチャート ← チャート右上の「5年」をクリックしてください

よく、日本の国債は、その大半が国内で消化されているから大丈夫と聞きますが、その消化余力も限られてきています。

また、日本の機関投資家の決定権限者はサラリーマンであることが多いです。

今は、為替リスクもなく、格付的にも買える水準にある日本国債を消去法的に買っています。
組織内で、内部ルールと手続きを踏んで買っていますので、将来、日本国債の価格が暴落(=長期金利の上昇)しても致命的な責任を問われることは少ないです。

しかし、期間投資家は米国の格下げをきっかけに安全神話が永遠に続かない可能性を意識し始めました。

日本国債の格付けが下がり、他の機関投資家が買わなくなった場合、右向け右で、合成の誤謬が起こり、一気に長期金利が上昇する可能性もあります。

地震も過去の金融危機もそうですが、じわじわと歪が溜まり、一気に現実化します。

海外に工場が移転し、貿易黒字が縮小または経常的に赤字転落。
そして、政府が財政規律を立て直しできず、財政再建に懸念が出た場合、
最悪のシナリオは株、債券、為替のトリプル安です

機関投資家は、サラリーマンリスクの範囲内で済みますが、個人投資家は最終的に全てが自己責任です。

インフレ・円安になった場合、輸入に頼る食料やその他の生活必需品は、当然値上がりします。

しかし、供給過多のエリアの家賃や不動産の価格はどうでしょうか。

長期金利は上昇したけど、賃料相場や不動産相場はそのままか相変わらず下降ということもあり得ます。

ただ、このシナリオは、必ずなるというものではありません。

政府や国会が、日本国内の産業育成に努め、プライマリーバランスを黒字化すれば避けられます。

今の永田町の動向を見ていると、なかなか難しそうですが・・・


「間違いだらけ?の投資用不動産選び!」  ← 不動産投資で失敗したくない人はこちら


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^





コメント
この記事へのコメント
>組織内で、内部ルールと手続きを踏んで買っていますので、…

元メガバンカーさんらしい分析ですね。

海外の民間機関投資家はほとんど日本国債の現物を持っていないので、売り崩しは難しいでしょう。
日本国債が暴落するのは、日本の投資家が投げ売りを始めるか、国内で買い手がいなくなったときだと思います。
もう数ランクの格下げには耐えると思いますが、財政立て直しとの競争ですね。
民主党が消費税UPを言う位だから、相当やばい状況なのは確かですね。

2011/08/13(土) 23:41 | URL | 自家用操縦士K #-[ 編集]
自家用操縦士Kさん

海外投機筋の売り崩しは自分も難しいと思います。

中長期的にはkさんと同意見ですが、短期的には日本国債の暴落(長期金利の急上昇)を及ぼす海外要因がきっかけになるパターンが怖いです。
2011/08/14(日) 11:55 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/745-6efaf013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。