東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

昨日は不動産業界の例会に参加。

ゲストは、讀賣テレビ特別解説委員の岩田公雄氏。

岩田公雄氏

三井物産マニラ若王子支店長誘拐事件や天安門事件、北朝鮮・平壌からの3日連続生中継そして現在の政界の裏話等をお聞きしました。

一連のお話の中で、特に重視されていたのは取材過程における「現場」

その場の雰囲気や緊張感、人々の本音は、映像や文の行間からは読み取れないものです。


何事においても、現状分析や実態把握がしっかりできてないと、将来の予測をしても誤る可能性が高くなります。


大家業においても同じです。


物件の取得にせよ、空室対策にせよ、写真と物件概要書・管理報告書だけでは気づかないことが多々あります。

知り合いのできる大家さんは、普段は管理会社さんに物件管理を任せていても、自分の物件に足を運ばれる方が多いです。

臭いとか、写真では気にならなかった汚れとか、空室原因もいろいろあります。


最近、クライアントさんの融資の打ち合わせで、いろいろな金融機関に足を運ぶことも多くなりました。
こちらでも、「現場」が大切とあらためて感じています。

続きは次回に。



「間違いだらけ?の投資用不動産選び!」  ← 不動産投資で失敗したくない人はこちら


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/741-76b9e802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック