東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

昨日の午前中は、母ウッチーさんちはさんたかぴさんご夫妻と帝都板橋の複数の物件を見学。

その後、たろうさんお薦めのカレー屋さん(インド料理店)でランチ。

午前中は暑かったのですが、さらに暑くなりハンカチが手放せませんでした(汗)

帝都板橋は、自分のドミナントエリアで、待ち合わせした駅も高校時代に通学していたので、よく知っていたつもりでしたが、昨日歩いたエリアの雰囲気は、自分の今まで思っていたイメージと若干異なりました。


夜は、ひろ*さん海田さんと飲みでした。

先日kamochanさんと一緒に行った町屋の焼肉屋さん。

自宅から、自分の物件をチェックした後、都電に乗り、車外を眺めながらカタコト揺られて行きました。

こちらも帝都板橋とさほど離れてはいませんが、町の雰囲気はまた異なります。


自分が物件を取得する時や、リノベする時は、どうやったらエリアのマーケットにどう最適化するか、
また、その物件の特性が最大限活かせるか考えます。

都区内で物件を取得する時は、高利回りで時価対比積算価格も高く、購入した瞬間に大幅なキャッシュフローを生む物件など滅多にでません。

全部空室のゴミ屋敷だったり、管理に労力を要したり、建物や敷地に何かしらの瑕疵があったり。

でも、磨けば良い物件になるものは多くあります。


エリアを知り、物件を知り、そして、その物件を最適化する方法を知る。

昨日お会いした方々は、各々がそれぞれの不動産賃貸経営手法を実践しており、いろいろな為になるお話しや気付きを、お互いシェアしています。

独りで判断していると、見落としていることも多々あります。


ざっくばらんに話せる大家仲間は、不動産賃貸経営をしていくうえで、大切ですね。


「間違いだらけ?の投資用不動産選び!」  ← 不動産投資で失敗したくない人はこちら


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^



コメント
この記事へのコメント
リス
 鳥です。


 クリックしました。


 昔いました、リスさんは

 どうしていますか?
2011/05/23(月) 15:42 | URL | 鳥 #-[ 編集]
鳥さん

クリックありがとうございます^^

リスですか!?
昨日は見かけませんでしたが、どちらかの店にいたのでしょうか?
2011/05/23(月) 15:48 | URL | ジェービル #-[ 編集]
クリックする場所
 鳥です。

 リスは、

 クリックする場所に

 いましたよ。


 季節毎に

 変化していましたが・・・。
2011/05/23(月) 22:23 | URL | 鳥 #-[ 編集]
鳥さん

あのリスさんですね!!

RSSリンクでブログを拝見されている方から、出だしがいつも一緒と指摘されて、シーズンバナーはあまり貼らなくなりました。

たまの復活を検討します^^
2011/05/24(火) 05:03 | URL | ジェービル #-[ 編集]
お礼
先日はお忙しい中、ご案内有難うございました!お久しぶりにお会い出来て嬉しかったです。物件の最適化、重要と思いますが、これがなかなか難しい~。。
勉強と研究が必要ですね。
2011/05/24(火) 10:39 | URL | ちは #-[ 編集]
ジェービルさん、

なんと!
ユーも帝都に来てたのですね!

あ、知ってました。あはは


ところで、その行動からするに、
やせていないと感じます。

あんしんしました。ひひ
2011/05/25(水) 08:35 | URL | たろう #-[ 編集]
ちはさん

こちらこそありがとうございました。

やはり、ちはさんの築古戸建の目利きはさすがです!!

また勉強させてください^^
2011/05/25(水) 16:08 | URL | ジェービル #-[ 編集]
たろうさん

お仕事が忙しくて、お会いできなくて残念でした。

やせていないどころか最近は太り気味です(汗)
2011/05/25(水) 16:10 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/703-10833da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック