東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
               応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 


先ほど、自宅で仕事をしていたら5棟目ホワイトベースの入居者さんから電話がありました。

この時期、入居者さんから電話というと「退去通知か!!」とびびります。

用件を尋ねると、「トイレの水が止まりません」とのこと。

遠方にいる場合は、馴染みの業者さんに連絡して、向ってもらうのですが、自分が自宅にいる場合は、初動は自分が行ってます。

すぐに作業着に着替え、現地に5分ほどで到着。

室内に入ると、入居者さんがボールタップのアームを持ちあげ水を止めていました。

トイレタンク

原因は、排水弁のゴムフロートが上がったまま、戻らなくなったことでした。

試しに水を溜めて、レバーをひねると確かにゴムフロートが上がったまま戻りません。

再度タンクに水を溜め、ゴムフロートを何度か揉むと、下がるようになりました。

ゴムフロートの中に空気が入り軽くなっていたのでしょうか?

とりあえず直ったのでホッとしました。


入居者さんに、他に不具合がないか聞いたところ、シャワーを使用していると、付け根から水がチョロチョロもれるとのこと。

見たら結構古いので、パッキンだけでなく、後日シャワーヘッド・ホースも交換することを約して帰宅しました。


物件も築古になってくると水周り主体にトラブルが多くなってきます。

特にこの5棟目ホワイトベースは、取得したときから、水周りでトラブルが多いです。

今もリフォーム業者さんのエアコンの配管の施工不良が原因で夏に水漏れが発生します。

入居しているので、直すこともままなりません。

下にはガレージがあるだけなので、退去してから修繕しようと思っています。


建物は水が入るとあっという間に傷みます。

皆さんも水にはご注意を。

人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^












コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/631-7a2d3f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック