東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
                     応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 


日経新聞によると、金融庁は、金融機関に対して中小企業からの返済条件の変更要請に応じる努力義務を課す中小企業金融円滑化法の期限を1年間延長するそうです。

来年3月末で切れる期限を2012年3月末まで延ばすとのこと。

円滑化法は中小企業から金利減免や返済猶予など返済条件の変更の申し出があれば、できるだけ応じる義務を金融機関に課しています。

この法律が適用されている間に景気が回復し、企業の業績が上がり、従業員の給料も上がれば良いでしょう。

しかし、そうならなければ、法律が適用されなくなった途端、返済猶予していた銀行の債権は、正常債権(=隠れ不良債権)から不良債権に区分されます。

今年は、この法律のために競売物件や任売物件が減りました。

銀行が貸金の回収を緩め、担保物件の処分も進めなかったからです。

東京圏での収益物件の価格は高止まりしています。
来年もその傾向は続くでしょう。

ただ、歴史は繰り返します。

10年近く前の状況に似てきました。


一部の金融機関の動きにも変化があります。


10年前と違う面もあります

今は欧米を含めた先進国は元気が無く、アジアの各国は元気です。

円高が続きます。

日本の赤字国債は増え続けてます。
いつまで国内で消化できるのでしょうか。

衆参ねじれ国会で、政治は、まだしばらく停滞するでしょう。

それぞれの事象をつなぎ合わせて2年後3年後を予測すれば、自ずと投資方針は導きだされるのではないでしょうか。


人気ブログランキングへ ← 役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^



コメント
この記事へのコメント
ワタシには解読不明なんですが。。。(^。^;)
こんにちは!こちらの記事、非常に興味深いので、何度も読み返すのですが、意味が解明できません。

>「買えなくなった」のではなく、>「買わなくなった」です。

>バブル・プチバブルを生き残ってきた大家さんには、所有物件を減らしている方も多いです

これは今価格が高いからということですか。それとももっと大きな視点で、物件持っていると、借金持っていると、危険ということなのでしょうか。
よく考えてもワタシにはわかりません。

10年前の状況もよくわかっていないワタシです。

お時間があれば初心者向けにお教えください。

お返事はメールでもミクシィでも結構ですので、よろしくお願い致します。


2010/12/04(土) 08:39 | URL | 母ウッチー #-[ 編集]
母ウッチー

先ほどは電話でどうもです。

また、お会いしてじっくりお話しましょう^^
2010/12/05(日) 15:39 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/600-bb75a8f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック