東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

中村豊デザイン集 
 ↑ 空き室対策の必須アイテム!! 私の使用例はこちらをクリック

      
地方プレミアム投資術 ← 特典も含めて、都会・地方にこだわらず、
                         お勧めできる教材です^^ 
                         ご紹介・ここだけ特典はここをクリック

人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
                     応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 



各種報道によりますと、高い利回りをうたって、各地でラブホテルを運営するファンドへの投資を勧誘した東京都内の不動産関連業者が、8月に運用期限を迎えた出資者に元本の約16%しか償還できないと通知したとのこと。

一部の出資者は業者側に損害賠償を請求する準備を進めているそうです。

大抵の銀行は、ラブホテルには融資しません。

そのため、ファンドを組成して資金を調達するというスキームに違和感はあまり感じません。

きちんと運営すれば確かに高配当は見込めると思います。

ただ、中にはきちんとしていない業者もいるかもしれません。

これは、別に不動産系のファンドに限らず、全ての金融商品にあてはまります。

投資家は元本を棄損し、運営サイドだけ利益を得るケースも少なくありません。

最近は、ファンドに限らず、銀行ですら、きちんとしていなくて倒産します。

そして預金も一部帰ってこないご時世です。

資金の運用先には細心の注意が必要です。

ただ、全てのアセットマネージャーが駄目かというと、そうでもありません。

自分の銀行員時代の同僚が転職後運用を任されているファンドは、ここ数年、常時15%以上の運用利回りをたたき出しています。

彼と話していると、投資テクニックより、その人柄にいつも感銘を受けています。

運用を他人に任せるときは、その事業体の基盤、過去のトラックレコードももちろん大切です。
でも、今まで成功していたからといって、明日以降も上手く運用しているかは分かりません。

アセットマネージャー自身の運用方針と人柄にも気を配る必要があると思っています。

それができないなら、ハイリスクハイリターンの運用は避けた方が良いと思います。


人気ブログランキングへ ← 役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^





コメント
この記事へのコメント
勉強になりました。

現物投資ではない場合は、事業と人を見る目が必要になるわけですね。

一日二日で身につくような技術ではありませんが、意識するように心がけます。
2010/10/10(日) 21:12 | URL | よしお #-[ 編集]
ラブホテルファンドは資料まで取り寄せましたが、自分で不動産購入したほうがROIで考えると儲かると思い止めました。
今考えると危なかったです。
色々な投資商品がありますが、私は特に知識もありませんし、選別する目もなかなか育ちませんので数年は不動産1本で行きます。
その間に色々身に付けなくては。(汗
2010/10/11(月) 02:15 | URL | HRE #-[ 編集]
ミーのベトナムファンド

すでに半額です

でも、帰ってこないとは思いたくありません。。。


たすけてください。あはは
2010/10/11(月) 05:40 | URL | たろう #-[ 編集]
よしおさん
なかなか身につけるのは難しいと思います。自分もまだまだです。
一生日々精進しなければならない分野かもです。
2010/10/13(水) 00:03 | URL | ジェービル #-[ 編集]
たろうさん
ベトナムはまだまだ有望だと思います。
ナンピン買いして、よっしゃよっしゃです^^
*あまり詳しく知らないので、無責任な感想です。
2010/10/13(水) 00:09 | URL | ジェービル #-[ 編集]
HREさん

不動産だけでも、学ぶことはてんこ盛りですね。
自分も他の投資を研究している余裕はなかなか作れません(汗)
2010/10/13(水) 00:18 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/549-6d48ae87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック