東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

アパートローン必勝マニュアル
ここだけ特典 ← こちらをクリック

中村豊デザイン集 
 ↑ 空き室対策の必須アイテム!! 私の使用例はこちらをクリック

人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
                     応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 

ジェービルです。

今日、政府税制調査会の専門家委員会は、政府税調の全体会合に税制改革に関する中間報告を提出ました。

報告書では「国民により幅広く負担を求める必要がある」と消費税増税の必要性を強調し、所得税も控除の見直しなどで、高所得者により負担を求める方向性を打ち出しています。

所得税は、80年代後半から景気対策などで最高税率が下がり、所得が増えるほど税率が高くなる「累進構造」が弱まってます。これを踏まえ、中間報告は「累進構造を回復させる改革が必要」と明記し、控除の見直しや最高税率の引き上げの必要性を指摘しています。

さらに内容では、資産課税の強化にも言及。
詳しくは、これからでしょうが、相続税・固定資産税のアップの可能性もあります。

現在の税率で、長期シミュレーションを組まれている方は、その前提が崩れる可能性があります。

特に、所有不動産が家族や資産管理会社に分散しておらず、サラリーマンのご主人だけに収入も資産も集中している方は、要注意かもです。

最高税率が8?9割という時代に戻るかもしれません。

まさか!!という方もいらっしゃるかもしれませんが、昭和60年ぐらまでは、法人税と住民税を合わせて実際そうでした。

ちなみに、昭和60年代は、ローンの借入利率も8?10%、不動産の利回りは2?3%という時代でもありました。

それでも不動産で儲かる、今の30歳ぐらいの方には、想像するのが難しいバブリーな時代でした。


これからは、同じ世帯総収入・総所得でも対策の巧拙で、何百万円、何千万円と税金が変わるようになりそうです。

参院選後が怖いですが、仕方ないので、先日のディープインパクトも含め、ある程度5年後10年後を予想して、不動産投資をしていくことにします。

今の状態がずっと続くことを前提に投資してはいけません。

必ず大きく変わります。

でも、不動産の良いところは、変わる数カ月?数年前に必ず前兆があることです。

翌日に大きく変動することはありません。

きちんと予測して、備えれば、変化はビジネスチャンスにつながります。

今はお宝物件でも数年後には普通の物件に、逆に今はクズ物件と言われているものがお宝物件になるかもです。

アンテナ高くして、先を読みましょう。

人気ブログランキングへ ← 他の参考になる記事はこちらから
                 クリック頂けると嬉しいです^^





コメント
この記事へのコメント
民主党の正体は社会主義、共産主義です(妬みの思想)。参院選で勝たせると怖いです。国に助けてもらうことばっか考えて誰も金持ちを目指さなくなります。金持ち=悪なんでしょうね。
2010/06/23(水) 09:54 | URL | とも #PHnCRIic[ 編集]
ともさん

草食系ばかりになると、諸外国との競争に勝てなくなりますね(汗)
2010/06/23(水) 17:30 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/416-c02d22d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック