東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12




   ↑5月29日お宝不動産新築セミナー

中村豊デザイン集 
 ↑ 空き室対策の必須アイテム!! 私の使用例はこちらをクリック


【月刊 アパートローン最前線】
ここだけ特典 ← こちらをクリック

人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
                     応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 


前回の続きです。

相続税「小規模宅地等の特例」平成22年の税制改正のポイントについての説明です。

1.「相続人等が相続税の申告期限まで事業又は居住を継続しない宅地等(現行200m2まで50%減額)適要対象から除外します。」

今までは被相続人の居住用宅地であれば、相続人が事業や居住をしていなくても50%を減額することができました。
しかし、今後は相続税の申告期限まで事業や居住を継続していなければ減額できなくなります。
親と同居していない子供にとっては、大増税となる可能性があります。

大家さんの場合は、収益物件は不動産貸付にあたるので50%減額は使えますが、80%減額をどう使えるようにするかがポイントになります。



2.「一の宅地等について共同相続があった場合には、取得した者ごとに適用要件を判定します。」

共同相続人のうち一人でも80%減額が適用できれば、すべてに80%減額が適用できるということで節税によく利用されてきました。
それが今回の改正により、取得した者ごとに適用要件の判定をすることになりました。
遺産分割の巧拙が税金を大きく変動させます。


3.「一棟の建物の敷地の用に供されていた宅地等のうちに特定居住用宅地等の要件に該当する部分と
  それ以外の部分がある場合には、部分ごとに按分して軽減割合を計算します。」

一棟の建物の内に80%評価減のできる特定居住用部分と、貸付用などそれ以外の部分がある場合、
改正前においては、その他の部分もすべて含めて80%評価減をすることができました。
これが今回の改正により、それぞれの用途ごとに適用要件を判定して、部分ごとに按分計算されますことになりま
した。
賃貸部分に対応する敷地部分は50%しか減額できなくなります。
居住用の建物を建て替えて、賃貸併用住宅を作るメリットの1つがなくなってしまった、ということになります


4.「特定居住用宅地等は、主として居住の用に供されていた一の宅地等に限られることを明確化します。」

居住用の宅地が2つ以上あった場合に、改正前においては、その2つ以上の宅地について同時に評価減が適用できるかどうか、明確な規定がありませんでした。
これが今回の改正により、評価減の対象になるのは、主として居住の用に供されて
いた1つの宅地等に限ることが明確化されました

これは法律の解釈をめぐる争いが起き、地裁と高裁の判決がありましたが、いずれの判決も、
税務当局の解釈を否認しました。

今年の税制改正大綱に「特定居住用宅地等は、主として居住の用に供されていた一の宅地等に限られることを明確化します」とあるのは、この判決を受けたものです。

簡単に言えば、セカンドハウス・別荘の類は特定居住用宅地等として認めないということです。


「小規模宅地等の特例」は相続税対策として利用価値が高いものでした。

変更されましたが、、使い方によっては節税効果は現状を維持できます。


不動産ではないですが、個人年金を使った定期金節税スキームも使えなくなりました。


自分は、今回の改正の影響はほとんどありません。


ただ、人によってはライフプランの見直しを迫られる方も多いかと思います。

収益型マイホーム・2世帯住宅・親との同居・生命保険の活用・資産管理法人の設立等々。


2010年度の税制改正大綱に「課税ベース・税率構造の見直しについて11年度改正を目指す」と
明記されています。

今回の改正が影響の無い方も、のほほんとしていられません。

法律は施行されてからでは遅いこともあります。

「事前節税・事後脱税」とも言われます。

常にアンテナ高くして、備えましょう。

(注意)具体的な対策は税理士さんにご相談くださいね。


人気ブログランキングへ ← 参考になりましたら、応援の1クリックをお願いします。
                  クリック頂けると励みになります^^





コメント
この記事へのコメント
いつも参考にさせて頂いております。
まだまだ不動産についてはひよこですが、これから勉強して、実践したいと思います。
相互リンクをお願いできないでしょうか?
よろしくお願いします。
2010/05/05(水) 18:20 | URL | ナワテニシ #nL6A2.tM[ 編集]
ナワテニシさん
ご来訪ありがとうございます^^
自分は、少人数でお会いした不動産関係のブロガーの方のみを自分のブログに掲載しています。
そうしないと何百人もの方を載せないと不公平になるからです。
相互リンクは、事情斟酌のうえ、ご容赦願います。
2010/05/06(木) 11:24 | URL | ジェービル #-[ 編集]
色んな所から、少しずつ増税されますねw
個人的には、マニフェスト記載の中小企業の法人税率11%に引き下げを期待しているのですが、この約束も反故にされてしまうのでしょうか?
2010/05/06(木) 12:02 | URL | 貯金1億円男★働いたら負けかなと思ってるw★ #-[ 編集]
勉強になりました。じわじわと非課税枠の縮小も検討されていくのでしょうね。。納得のいく還元政策に期待したいところです。
2010/05/06(木) 19:32 | URL | 恵比寿のI #-[ 編集]
貯金1億円男さん

法人税減税は、国際競争力維持の為にも、やると思います。
ただ、中小企業優遇は、政権次第で反故にされるかもしれませんね。
2010/05/07(金) 10:34 | URL | ジェービル #-[ 編集]
恵比寿のIさん

控除関連も、選挙が終わったら、本格的に見直しされそうですね。
そろそろ前向きな産業振興策を示してほしいです。
2010/05/07(金) 10:37 | URL | ジェービル #-[ 編集]
元をわかっている人が殆どいないから、世論が、
へーそうなんだで終わっちゃうのを一方的に狙われるんですよね・・・

私の低いアンテナでキャッチした、たばこ増税でしょぼくれております(笑)
全然、デモ行進が起こる雰囲気がありません。

そろそろ年貢の納め時でしょうか。。。
2010/05/08(土) 10:25 | URL | kkenji1 #-[ 編集]
kkenji1さん
自分は酒税で国に貢献しています(笑)
たばこも酒も健康のために節税した方が良いかもですね。
2010/05/10(月) 07:41 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/331-5a210cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック