東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11




   ↑5月29日お宝不動産新築セミナー

中村豊デザイン集 
 ↑ 空き室対策の必須アイテム!! 私の使用例はこちらをクリック


【月刊 アパートローン最前線】
ここだけ特典 ← こちらをクリック

人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
                     応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 


ジェービルです。


最近、5棟目RCマンションの漏水と2棟目RCマンションの給水管取り替えで出費が重なりました。


5棟目のはつっての漏水調査です。
はつり

調査の結果、排水管が割れていました。


2棟目埋設給水管です。
配管

室内の配管を全取り換えしました。


RCにおいて、水回りの交換にはお金がかかります。

よく、内側が錆でボロボロになっている管は、ほとんどが亜鉛メッキ鋼管です。

1970年代になると塩ビライニング鋼管が普及しました。

塩ビライニング鋼管は、配管の内側を塩化ビニールでコーティングしたもので基本的に錆ません。

ただ、配管と配管をつなぐ継手の一部が錆びてしまいました。

1990年代になると、その弱点を克服した「管端防食継手」も普及し、通常では、管の内側に錆はでなくなりました。

また現在ではステンレスや樹脂製の配管もでき、さらに進化しています。

基本、1990年代以降に竣工した物件の配管は、長持ちしますね。

とはいえ、1990年代後半に竣工した5棟目も、原因不明の配管破損があったりもしますが(汗)

1990年以前の物件を購入するときは、外壁や屋上の改修歴の他に配管がどうなっているかのチェックが重要と思います。

人気ブログランキングへ ← 参考になりましたら、応援の1クリックをお願いします。
                  クリック頂けると励みになります^^








コメント
この記事へのコメント
管理を買え!

はよく聞きますが、

配管を買え!

は、しんせんです~~^^
2010/04/29(木) 16:48 | URL | たろう #-[ 編集]
鳥です。

いつもお世話になっております。

参考になります。

 クリックしますよ。
2010/04/30(金) 00:12 | URL | 鳥です。 #-[ 編集]
たろうさん

ぜひ、たろうさんのところでインスペクションして、
ヨッシャヨッシャしてください^^
2010/04/30(金) 00:18 | URL | ジェービル #-[ 編集]
鳥さん

クリックありがとうございます^^
こちらこそ、保証会社とか商工会議所とか、いつも参考にさせて頂いています。
2010/04/30(金) 00:21 | URL | ジェービル #-[ 編集]
交換はお金掛かりましたね。
お疲れ様です。
2010/04/30(金) 07:16 | URL | Kazzy Suga #-[ 編集]
Kazzy Sugaさん

お金も掛りましたが、原因が分かるまでは精神的にも疲れました・・・
2010/04/30(金) 10:38 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/309-4882e549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック