東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/03

3月21日プロフェッショナルの賃貸経営術
賃貸経営術
 ↑ 私も懇親会を含めて参加します。

中村豊デザイン集
 ↑ 空き室対策の必須アイテム!! 私の使用例はこちらをクリック



人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
                     応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 

ジェービルです。

今日と明日はセミナーに参加します。

今日は中村さんのセミナーで講師をします。
明日はサラリーマン流不動産投資道場のセミナーで、サポートメンバーです。

両方とも懇親会も参加するので、参加される方は宜しくです^^



さて、先日公示地価が発表されましたね。

新駅開通とか大型商業店舗開店等の要因のある一部のポイント以外は軒並み下がっています。

公示地価が下がれば、路線価・固定資産税評価額も下がります。

すると銀行の積算評価も下がります。

昨日ある大家さん方と話したら、悲しそうにそのことを言われてました。

悲しいことなのでしょうか?

自分の物件のエリアも総じて下がっていますが、自分は逆に嬉しい気持ちが大きかったです。

昨日話した方々は、皆さん私と同じく、まだまだ取得意欲・拡大意欲のある方々です。

地価が下がれば、安く買うチャンスも増えます。

路線価が下がれば相続税対策にもなります。

それなのに悲しむのは何故か?

それは実際の不動産価格から遊離した銀行評価額を基準とする博打的な取得をしているからなのかもしれません。

実際のバランスを重視した不動産取得の方法をしていれば、公示価の下落は参考程度です。

自分は、銀行員時代に、不動産融資を通じて銀行の不動産評価のひずみ・ゆがみを嫌というほど経験しています。

公示地価は国の意向が反映され、時価がストレートに影響することはありません。
銀行が評価した積算価格・土地値等の類も担保取得の上での便宜的なものです。

ゆがみ・ひずみを突いた投資法は、一瞬成功するスイートスポットはありますが、広く書籍等で発表された時は過去の投資手法となっているものが少なくありません。

国が税制上の特典を与えたり、金融機関が今までと違った動きをするときは、その裏にある真の狙いを理解しなければなりません。

不動産投資家や大家さん方の金儲けの手助けをしようとしているわけではないのです。


ちょっと棘のある書き方をしましたが、それは自分に少しでも関わる方々には不幸になって欲しくないからです。

不動産投資で不幸になった方々の対応は失われた10年に十分しました。


できれば楽しい不動産談義をしていたいものです。


人気ブログランキングへ ← 応援の1クリックをお願いします。
                  クリック頂けると励みになります^^






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/266-9a3ecce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック