東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

中村豊デザイン集 ← 私も活用してます

中野照明   ← 間接照明専門店中野照明商店のホームページ

人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
              左の雪ダルマさんを応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 


ジェービルです。

最近、法人の設立について、相談を受けることが多くなりました。

私も、今回取得した5棟目ホワイトベースは資産管理法人で融資を受け、取得しています。

これから、法人をどう使うか。

来年以降は、その巧拙が、大家さんの経営をこれまで以上に左右してくると思ってます。

それは、
現在政府が進めている税制改正・こども手当などの政策。
不動産賃貸業を行ううえでの資金調達環境の変化。
などが、加わってきているからです。

ただ、法人を作るべきか、法人設立のタイミング、株式会社か合同会社かなどのポイントは、資産背景、属性、長期的目標等によってそれぞれ異なります。

資産家や高額所得者は従来以上に重要性が増しますが、今から不動産賃貸業を始めたいけれど所得も資産も少ない方も重要になってきています。

というより、ここ数年の不動産投資のトレンドから脱却しなければ、多分既存の大家さんもハッピーリタイアどころか退場を余儀なくされる方が増えるでしょうし、新規参入はなおさらのことです。

歴史は繰り返します。
平成バブル崩壊のときと背景は違いますが、感じは似てます。

最近、いろいろな方とお会いしています。

サラリーマンを卒業し、ブログを発信するようになりまして、銀行時代の取引先の経営者の方や、不動産投資を通して知り合ったいろいろな業界の方々。

今月に入り忘年会が多くなりました。

経営者や企画部門でちょうど来年の計画を立てられている方も多いです。

話していて気付いたことがあります。

最近、思考がこじんまりとまとまっていたことを。

自分はもともと銀行の法人融資営業が仕事でした。

最近アパートローンのバーが上がったと嘆く方が多いです。

でも、これは上がったのではなく、元に戻っただけです。

平成バブルが崩壊し、失われた10年。

そのときも自分はベンチャー企業にも融資をしていました。

無担保で、億単位です。

そういう資金調達は今も可能です。

アパートローンというくびきから脱却したところに道は開けると思っています。

もちろん基本的なところはしっかりと理解して、身に付けておかなければなりませんが。

不動産投資家を目指すのではなく、不動産事業家、そして今から参入を希望される方はベンチャー企業経営者としてのスタンスで展開していくことを考えないと来年は伸びない時代だと予想します。

「サラリーマンで副業禁止規定があるから無理」という意見も聞きました。

でも、そのための法人です。

株式会社は所有と経営が分離しています。

一人の力で無理なら仲間と組んで行うのも一案です。
財を出す者、知恵を出す者、労力を出す者。

他にもいろいろと応用が利きます



先日紹介したホリエモンのセミナー

ホリエモンこと堀江貴文さんによる
日本で初の起業初心者向けセミナーに申込みが殺到しています。

300人のセミナーですが、残席もわずかだそうです。

歴史は繰り返します。

バブル崩壊後、次のターンでは、起業家が活躍する時代です。

ぜひ、先輩起業家のフォースを感じてみてください。

▼興味ある方は下をクリック願います。

今日18日(金)の26時にはS席の早期割引価格が終了するそうです。

「ホリエモンエピソード ゼロ」セミナー




人気ブログランキングへ ← 応援の1クリックもお願いします
               クリック頂けると、嬉しいです^^

コメント
この記事へのコメント
自分が出来ない理由を探すより、目的を達成するための手段を探し求めたいですね♪

法人って奥が深いです^^
2009/12/18(金) 20:43 | URL | ゴン #-[ 編集]
ゴンさん

まさにその通りですね!!
皆さん、成功されている方は自ら手段を開発されている方が多いです。
2009/12/19(土) 00:33 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/141-1e9d6e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック