東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

中村豊デザイン集 ← 私も活用してます


人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
              左の雪ダルマさんを応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 

                                                                    
前回の続きです。

銀行によっては「短プラに連動する」と明確にうたっています。
その銀行はまだ安心です。
絶対安心かどうかというと違う場合もあります。
また、単に銀行の定める標準金利としか書いていない銀行は要注意です。

と書きました。


短プラは、今の日本の経済情勢を考えたら、当分上がらないと思います。

景気対策・デフレ対策で金利を下げる余地も無く、量的緩和をしなければならない状況ですから。

ただ、将来的には世界情勢の変化によりどうなるか分かりません。


昨日は、来年を占うセミナー「不動産投資の戦略マップ」に参加しました。



その中で、ツカサグループ代表の川又先生の講演は特に印象的でした。

日本の不動産市場に「ウィークリーマンション」という市場を作ったと言っても過言でない方です。

銀行が借りろというから、千億単位の不動産投資を行い、千億単位の損失を出された方です。

バブル前、バブル期、バブル崩壊、そして今。その時代を不動産というジェットコースターで駆け抜けている人生と言っても良いでしょう。

我々不動産事業家の大先輩です。

その人生は、不動産バブル、そして銀行の融資姿勢に翻弄されました。

今日のセミナー参加者の方にはあまりぴんとこなかった方もいらっしゃると思いますが、
自分はその部分は、まさに銀行サイドの当事者であったので、情景が目に浮かぶようでした。

そして今後の世界経済のうねりについても語られていました。

自分が危惧しているところを突いていました。

経済が、そして金利が大きく動く時、変動金利は怖いです。


メール等で金銭消費貸借契約書の文言を添付していただいた方もいらっしゃいます。
金銭消費貸借契約書に短プラ連動だから大丈夫ではないかと書かれています。

でも他にこんな文言はありませんでしたか?
または銀行と別に取り交わした銀行取引約定書や変動金利に関する特約書にこんな文言はございませんでしたか?

「ただし金融情勢の変化その他相当の事由がある場合には、一般に行われる程度のものに変更されることに同意します。」とか、
「財務状況の変化、担保価値の増減等により、債権の保全状況に変動が生じた場合には、利息等の割合の変更についても同様とします」とか。

地震保険が適用される事態より確率は高いかもしれません。

それらが適用される時代にならないことを望みます。 


人気ブログランキングへ ← 応援の1クリックお願いします
               クリック頂けると、嬉しいです^^

コメント
この記事へのコメント
なるほど~!またまたタメになります。
そのちょっとした文言が大きなカギを握っているんですね。借金って、やっぱり怖い><
2009/12/06(日) 19:01 | URL | すあま #GEuigX6s[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/07(月) 00:13 | | #[ 編集]
ジェービルさんのブログを拝見して、このセミナーに申し込みました。
しかし、なぜかうまくメールが届かなくて、断念。。

ツカサのウィークリーマンションはうちの物件の近くにあってしらべたら、いまは高齢者マンションになっているとか。。

時代の流れをかんじますね。。
2009/12/07(月) 06:09 | URL | kamochan #-[ 編集]
すあまさん

普通は気付かない所に地雷は隠されています。
2009/12/07(月) 11:26 | URL | ジェービル #-[ 編集]
kamochanさん

10年前、20年前のトレンドな物件の今現在の状態を見ると、自分の物件の行く末も案じています。

常に手は打っていかねばと思ってます。
2009/12/07(月) 11:33 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/119-42266cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック