東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ←不動産ブログランキングに参加しています。
                   おかげさまで10位前後におります。。
                   左のトンボさんを応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 

おきてがみ ← いつもご訪問ありがとうございます^^
              人気ブログランキングをポチッのあと、ピンポンダッシュOK(笑) 
 


昨日は増山塾の勉強会に参加。

講師はHARCHのうっちゃんユカさん

お二方とも主婦でありリノベのプロの方ですので、学ぶところは盛りだくさんです。

ファミリータイプは、入居物件の決定権は表面上のスペックが同じなら大体奥さんにありますので、リフォーム・リノベは女性の視点が大切ですね。

そんな女性のプロの方でもデザインはやはり別のプロのデザイナーに任せられています。

自分もカラーコーディネートとかの本を見て、自分でできるようになりたいと勉強していますが、こればっかりはセンスと元々の才能が重要ですから、半ばあきらめています。
他の自分が努力して効果が見込める分野に時間を割り振ったほうが良いと最近は考えてます。
→  ranking



最近は週2,3日は大家さんか不動産関係業界の方と飲んでいますが、話題にあがるのがセミナー・勉強会・教材の費用対効果。

内容に対して、高い安いということが酒の肴になります。

これは自分お会いしている狭い人脈の中での感想ですが、
メーカーに勤めている方は値段分の価値があると肯定的な人が多く、
営業関係の仕事は否定的な人が多いように感じます。

文系の仕事の方は、一般の書籍類で情報を得ることが多いので、高いと感じることが多いのでしょうか。

自分は、文系の営業畑ですが、あまり高いと感じていません。

それは銀行で融資の審査をするうえでの経験からかもしれません。

融資の審査では、資金使途が明確です。

まずは設備資金。

大家さんの資金使途といったらこれですね。
というか、これ以外に通常出ないと思います。

まちがっても金融機関に融資の申し込みに行くときに投資資金と言ってはいけませんよ。

あと一般事業会社では運転資金が発生しますね。

これは通常、運転資金=受取手形+売掛金+商品?支払手形?買掛金と算式では表します。

その他に研究開発費や新規事業立ち上げ資金があります。

一般の会社は生き残っていく為、リスクを取り、人を雇い、コストを掛けて新製品・新技術の開発や新規事業を立ち上げます。

もしかしたら何の成果も出さないかもしれません。

しかし立ち止まったら他のライバル業者や商品に負けてしまいます。

自分は一般事業会社に研究開発費や新規事業立ち上げ資金を融資する際に、その会社の経営者や部門の責任者と何度もお話しして、その実現性を確認してきました。

多い企業では売上げの10?20%を研究開発費やマーケティング費用等に充てる企業もあります。

不動産賃貸業でそこまで掛ける必要はありませんが、仮に1億円の投資を行い年間1,000万円程度の収入を得ようとする方なら、その総投資額の0.何%程度の費用を勉強に充てるのは自然だと思っています。

→  ranking



あと感じるのは、良しにせよ悪しきにせよ総じてマニュアル慣れしていること。

今は企業はマニュアルが整備されているところが多いです。
内部統制が始まり、更に目に余るようになってきました。

特に不動産投資をされるサラリーマンの方は、そのあたりがきちんと整備されている企業にお勤めの方が多いと思います。

サラリーマン大家は、サラリーマンでありますが、経営者でもあります。

サラリーマンはマニュアルに従う側。
経営者はマニュアルを作る側。

不動産賃貸経営を目指す方はマニュアルや教材を鵜呑みにしてはいけません。
ただ基礎や応用につながるものですので、それを理解した上で、自分の属性や立場にあったビジネスモデルを作る必要があります。

以前は、仕事や技は教わるものではなくて盗むものという考えがビジネスマンでも職人さんでも当然でした。

という私もセミナー・勉強会に参加したり、教材を購入するようになったのは今年になってからです。

自分はプロという驕りもあったかもしれません。

もし、数年前から積極的に参加していたら、今はもっと財務内容が良かったでしょう。

セミナー・勉強会に参加したり、教材を購入される方は、経営者として時間を買うという意識と、サラリーマンとして教えてもらうという感覚でなく、先輩の技を盗むという感覚でいると、もっと身について自分のものにできると思います。

内容を判断する上で、時間やページ数にとらわれてはいけません。
自分は不動産賃貸ビジネスモデルを健全に発展させていく上で、コロンブスの卵的なヒントがあれば良いと思っています。
1から10まで教えてもらうのではなく、それにつながる気付きを与えてもらえれば経営者としては良いのではないのでしょうか。

あと懇親会は、武道の他流試合や出稽古みたいな感覚ですね。
先輩・後輩が切磋琢磨し、お互いスキルアップできます。
また、一般のビジネスシーンでもそうですが、本当に有益な情報とは今でも飲ミュニケーションのなかで得られることが多いと思います。


人気ブログランキング
人気ブログランキングへ ← 応援の1クリックお願いします
               クリック頂けると、嬉しいです^^



追伸:「本もセミナーも、玉石混淆だと思います。CPの高い物も、CPの低い物も・・・以下省略」
     というコメントを頂きました。
    まさに、その通りだと思います。
    内容の無いセミナーや教材に当たったときは、入居者や融資先の審査と同様に
    自分の見る目の未熟さを反省するとともに、反面教師としています。
    
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/28(土) 19:02 | | #[ 編集]
良いこといいますね。
うまい分析だと思います。

拙者は、文系営業のサラリーマンってとこでしょうかね。
2009/11/28(土) 21:14 | URL | ホルホース #-[ 編集]
ホルホースさん

いやいやかなり勉強されているじゃないですか。
また今度いろいろ教えてください。
2009/11/29(日) 10:12 | URL | ジェービル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/102-cca8cf6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック