東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2014/081234567891011121314151617181920212223242526272829302014/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、大家仲間の築古リノベーション物件を見学させて頂きました。

場所は、谷根千の路地を入ったところ。

谷根千(やねせん)とは文京区から台東区一帯の谷中・根津・千駄木周辺地区を指す総称です。
東京大空襲の時も被災せず、昔ながらの古民家も現存し、東京の下町風情が残っています。

私の自宅から自転車で15分ぐらいの距離にあり、子供の時から知っているエリアです。
以前は、普通の地元住民主体の下町の住宅街といった認識でしたが、
最近は古民家を改装したカフェやアトリエも増え、
観光に訪れる方が多くなっています。

今回のリノベ物件も、あえて昔ながらの雰囲気を残しています。
詳しくは書けませんが、実はある事情により手に入りづらい貴重な物件です。

外見は昔の趣を大切に残しています。
外観

古い小屋組みが、いい味出しています。



中は、テナントさんが自由に内装できるようにスケルトン渡しです。





次の写真は、今回のリノベ物件から徒歩2分程度の別の物件を、数週間前に台湾人の不動産投資家さんに案内した時のものです。

根津神社が借景となっています。

根津神社

こちらの写真は、千駄木の吉利という鰻料理屋さんの写真です。
この建物も古民家をリノベして利用されています。



最近、普通の不動産投資物件は、価格が上がっており、なかなか妙味がとりにくくなっています。


しかし、単純に物件概要書にでてこない借景や眺望、ヴィンテージ感、そして規制による希少価値がある物件。
金融機関が融資しづらかったり、初心者の方が手を出しづらい物件ならば、まだまだ都心でも高収益は狙えると思う今日この頃です。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/61.html ← 健美家コラム最新話



人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^


.
スポンサーサイト
健美家コラム更新しました。

代々木ゼミナールが、全国の27拠点を7拠点に集約し、閉鎖した校舎を活用して不動産賃貸業にシフトするようです。

代ゼミは、事業拡大期には、全国の駅前の一等地主体に自己保有のビルを建て、拠点を増やしていました。それが、昨今の少子化による受験人口の減少や現役志向の高まりに伴う浪人生の減少により校舎の集約を行うことになったとのことです。

一見すると追い込まれての突然の予備校事業の大幅縮小にも見えますが、実際は予備校への需要減少を見込んだ長期的な計画に沿っての着実な業態転換と思われます。

銀行の法人営業部時代に、よく会社の経営者の方に、会社を永続して経営していくには、いくらある事業で隆盛を極めていても本業・副業・新規事業をバラスンスよく展開していかなければならないとアドバイスしていました。

大家さんも、物件が高値で動きが取れない時は、サラリーマンや自営業に注力し、太陽光発電などの他の新規事業を展開していくのが良いでしょう。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/61.html ← 健美家コラム最新話


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。