FC2ブログ
東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2013/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/09

健美家コラム更新しました。

今回は、エアコン故障の時の私の対処方法等について書いてます。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/36.html ← 健美家コラム最新話 退去につながる●●●●の失敗

実はこのコラムの原稿を入稿したあとに、賃貸物件のエアコンが故障しました(^_^;)

その物件は、築15年程度の大手ハウスメーカーで建てられた鉄骨造のマンションです。

そのマンションのエアコンは、普通に売ってる家庭用単体のエアコンではなく、室外機一つに室内機が2つあるマルチエアコンというタイプです。また、配管は壁内の隠蔽配管で交換ができません。電源も室内機の横のコンセントからではなく、室外機が直接200Vで接続されています。

このタイプのエアコンの交換費用は普通のエアコンの倍以上!!

築15年で今迄ほとんどエアコンを交換していないので、これから交換が続くでしょう。

他の物件では、健美家コラムで書いた通り、予防交換は考えていないのですが、この物件については、間取り上、普通の家庭用エアコンを取り付けられる部屋については、退去のあった部屋から逐次交換していこうと検討しています。

築古物件は、配管やエレベーター、設備機器の更新等に多額の費用が掛かることが多いです。

物件取得時には、それらの費用を堅めに想定して、購入価格を算出しないと、表面利回りは高くても、実際のキャッシュフローは雀の涙にしかならないことも。

普段からメンテナンスコストの相場観を養うことが大切ですね。


http://www.kenbiya.com/column/okamoto/36.html ← 健美家コラム最新話 退去につながる●●●●の失敗


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^