東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2013/031234567891011121314151617181920212223242526272829302013/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日は、大家仲間のHさんが、新規に南青山にオープンするシェアオフィスFAROにて、私が主宰するアジア不動産業交流会のイベント『ミャンマー懇談会』を開催しました。

私の会社のオフィスも南青山にあり、この周辺は注目していましたが、多分このシェアオフィスの土地を紹介されてもスルーしていたでしょう。

Hさんは、この土地を南青山にマッチする居心地の良いシェアオフィスにチームの方々と仕上げました。



圧巻なのは、この天井からの電球群。
もはや、インテリアではなくアートです!!


セミナーや会議・パーティーに使える広々としたスペースも完備。


屋上からの眺望は最高です。
遠くに六本木ヒルズが見えます。


シェアオフィスですが、オープンスペースは外部の方にも開放し、既にランチ営業を開始されています。

会場としてのセンスもあり、20名程度の飲食付き懇談会を開催するのに丁度良いので、早速利用させて頂きました。

先ずは、お酒と美味しい料理と共に皆さんに交流頂き、


その後、懇談会となりました。
NHKの取材も入っており、ちょっと緊張です。


今回のゲストは、日本で長期に滞在されていたミャンマー人の方で、東京大学大学院等に在籍し、このほど帰国して、現地で日本企業との合併で投資顧問会社を立ち上げるそうです。

私は、台湾の富裕層に東京の不動産を紹介するビジネスをしていますが、ミャンマーについては、新聞・テレビの情報ぐらいしか知りませんでした。

お話を聞いて、結構興味を持ちました。

体制が変わって、海外に行っていた優秀な人材が戻りつつあり、祖国を豊かにしようと頑張っています。
なにか応援したくなりますね。

一昨日の参加者には、既に現地に法人を立ち上げている方も参加。

今抱えている仕事で手一杯なのですが、自分が何か応援できるか研究してみたいと思います。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/28.html ← "健美家コラム最新話


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^



スポンサーサイト
いつもお世話になっている長岐さんが新刊を出版されました。

昨日献本されていたのですが、まだじっくり読めていません。

ですが、大家さんの節税について基本的なことが体系的に書かれており、一通り勉強するには良書と思います。

書籍購入者へのアマゾンキャンペーンの締め切りが差し迫っているので、取り急ぎアップいたします。




http://asset-life.co.jp/book/#tokuten  ←  長岐さん新刊アマゾンキャンペーン


http://www.kenbiya.com/column/okamoto/28.html ← "健美家コラム最新話


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^


ここ最近、金融機関の不動産融資に対するスタンスが積極的になっています。

日銀の金融緩和による潤沢な資金の一部が不動産マーケットに流れ込んでいます。REIT( 不動産投資信託 )などに対するノンリコースローンの伸びも顕著です。

このような資金の流れは現状、不動産業者さんやREITに対するものが主となっていますが、今後、我々個人レベルの大家さんに対してはどうなっていくのでしょうか?

健美家コラム最新話では、そのあたりと金利上昇時のリスクヘッジについて銀行員の視点から書いてます。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/28.html ← "健美家コラム最新話

皆さんのご参考になれば幸いです。

人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^




地球温暖化が進むと今世紀末には大雨の増加で河川の洪水リスクが最大約4倍になり、大都市圏の東京、大阪、伊勢湾沿岸では海抜ゼロメートル地帯の面積が1・5倍に広がって高潮被害の危険性が増すと指摘した報告書を環境省、文部科学省、気象庁が公表しました。

報告書によると、日本の今世紀末の平均気温は、今後の温暖化対策の進め方によって変わるが、20世紀末に比べて約2・1~4・0度上昇すると予測しています。

 短時間に極端に降る大雨が全国で増加し、約3度上昇した場合は、全国の1級河川で洪水が起こる確率は現在の1・8~4・4倍になります。

 三大湾(東京湾・伊勢湾・大阪湾)にはゼロメートル地帯が広がっていますが、仮に海面が60cm 上昇するとゼロメートル地帯の面積、人口が5 割も拡大するため、将来の海面水位の上昇は深刻な事態をもたらすおそれがあります。

温暖化

上の図は、今世紀末の三大都市圏(左から大阪湾、東京湾、伊勢湾)の海抜ゼロメートル地帯。地球温暖化による海面上昇で、現状(オレンジ)から赤の地域まで拡大する恐れがあります。(環境省提供)

未来に限定せず、最近はゲリラ豪雨も増えて浸水被害が実際に既に起こっています。

私が10数年前の銀行員時代に名古屋に赴任していた時、台風でもないのに大洪水で、あるエリアの1階が完全に水没したこともあります。

不動産を取得するときには、水災のリスクも勘案して、取得検討しましょう。
買っていけないわけではなく、リスクに見合うリターンがあれば良いと思っています。


http://www.kenbiya.com/column/okamoto/27.html ← 健美家コラム最新話 


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。