FC2ブログ
東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2012/051234567891011121314151617181920212223242526272829302012/07

健美家コラム更新しました。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/07.html ← 東京で高利回りを狙うには?

コラムの中で書いてますが、私の取得物件購入時の最大のポイントは「その物件の出すオーラ」が素敵かどうかです。

よく元々銀行の融資担当者だったから、物件取得時も緻密な長期事業計画やシミュレーションの基に検討しているのではないかと思われますが、実はそうでもありません。

もちろん、それらの資料は作成しますが、最終的な決定は、長年の経験に裏打ちされたインスピレーションによろところが大きいです。

大手上場企業から町の中小企業まで、数えきれないほどの事業計画をチェックして、審査してきましたが、5年後10年後に、その通りになっていることは皆無です。

社会情勢・経済環境・新技術の出現等により、良くも悪くもブレます。


先日、カンブリア宮殿でアマゾンの創業者CEOが次の通り話していました。

「私たちの顧客主義とは、自分たちができることを考えて動くのではなく、
お客様が何を求めているのかを把握し、その後、どうやれば提供できるのかを考える。

お客様が求めていることを実現するため、何をやるかが大切。

お客様のニーズに応えるように努力していれば、必ず信頼を得る。」

アマゾンも上場したころは、まだ赤字続きでした。

それは、お客様のニーズに応えるためのシステム構築に積極的に投資したからです。

大家さんも、目先の利益・キャッシュフローのみを考え、設備投資を怠っていては、
どこかちぐはぐな物件となり、入居付けやテナントリテンションで不利になり、
IRRの観点から結局損をしているケースも多々あります。

もちろん、銀行からの新規に融資を受ける時のことを考えて、赤字決算は極力避けねばなりません。

その対策は、前回のコラムに書いています。

 http://www.kenbiya.com/column/okamoto/07.html ← 簡単にできる銀行が融資しやすくなる決算対策 

自己利益本位の大家さんではなく、入居者本位の大家さんになること。
「損して、得を取れ」の精神が、結局のところ長期的に高利回り・高収益を維持する秘訣と考えています。


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^