FC2ブログ
東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ



   ↑5月29日お宝不動産新築セミナー

中村豊デザイン集 
 ↑ 空き室対策の必須アイテム!! 私の使用例はこちらをクリック


【月刊 アパートローン最前線】
ここだけ特典 ← こちらをクリック

人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
                     応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 

ジェービルです。

レオさんが昨日、2010年3月期の決算を発表。

連結最終損益が790億円の赤字となりました。

法人需要の低迷でアパート入居率は期中平均で82%強と、前の期から約6ポイントも低下。
家賃保証分を補えず、営業損益は296億円の赤字。


中期経営計画には、徹底的なコスト削減を謳っています。

まず建築原価の圧縮(資材調達価格の低減)。
今も物件を拝見するとかなり圧縮しているように見えますが、さらに行うそうです。

請負事業は2010年3月期見込み売上2,370億円・営業利益297億円に対し、2012年3月期は売上1,561百万円・営業利益326億円。
35%減収なのに10%の増益。
営業利益率20%超。


素晴らしいです。
このご時世にこの業界でなかなか出せる数字ではありません。

現場の社員の方や、下請けさん、そして今から発注する地主さんは大変かもしれませんが。

中古物件を取得するときは気を付けないとですね。


そして、さらに全国の大家さんに影響があるのは借上賃料の適正化

負担となっている大家への家賃保証料も、賃料固定期間10年経過物件等について、保証契約期間の終了時に相場実勢にあうように引き下げるとのこと。

空室損失引当金を317億円も計上していますから、仕方ないことですが。

元々、レオさんで建てた地主大家さん、そして、レオさん物件が多数ある周辺に物件を持っている大家さん。
皆さんに影響大です。

競合物件をお持ちの方は、その動向に要注意ですね。



話は変わりますが、昨日のともろうさんのブログ記事の「石斧君」で大受けしました^^
商標登録されないのなら、何かの機会に使ってみたいと思っています(笑)

ともろうさんの「サラリーマン大家 明日への不動産投資」
現在、ブログランキング26位です。
     ↓
人気ブログランキングへ