FC2ブログ
東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ
中村豊デザイン集 ← 私も活用してます


人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
              おかげさまで10位前後におります。。
              左の雪ダルマさんを応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 

おきてがみ ← いつもご訪問ありがとうございます^^
           後ほど訪問させて頂きます
          人気ブログランキングをポチッのあと、ピンポンダッシュ・ポチ逃げOK(笑) 




ちょっと前に投資方針シリーズで書いていました。

最近、他の大家さんや業界関係者と話していると、年末が近づいたせいか、その話しが多くなりました。

会社によっては、来年の計画の策定に取り掛かっているところもあります。

よく「これからの狙い目は?」と聞かれます。

ただ、どんな人に対してもおいしい物件というのは、そうは出てきません。

その人の属性や投入できる資金量、奥向資産、家族構成、居住地・今後のライフスタイル等によって変わります。

ターゲットとしては、築浅RC・築古木造・新築・戸建・区分・競売・任売・借地・シェアハウス・ガレージハウス等多種多様です。


自分が長期的・マクロ的に重要視しているポイントを再度になるかもしれませんがあげますと、

・人口は減少する。

・現政権は既存の建物をスクラップ&ビルドではなく、修繕して長期に使っていこうとする方針。
 (自民時代は建設業界との関係上打ち出せませんでしたが) 
 よって、賃貸住宅の需給バランスは当面良くならない。

・新興国の成長はこれからも続き、日本の賃金・生活水準は長期的に下がっていく。
 
・赤字国債が消化しきれず長期金利が跳ね上がる可能性あり。
 →よく「自分のローンは長期プライムレート等ではなく短プラ連動の長期標準金利等で、
  短期金利は上がることは当分無いから大丈夫」ということを聞きますが、本当にあなたの
  ローン契約は大丈夫ですか?
  一度、金銭消費貸借契約書の裏面をよく読んだほうが良いと思います。


これらのことから総合的に判断すると、
 
・家賃の慢性的な低下により収益還元価値の下落が続く。

・人口減・生産開発拠点の海外移転により土地の需要が減り、建物価格もデフレにより下がり、積算価格も下落する。

・よって今はまだ調整局面で、レバレッジを効かせてまで、買い急ぐ必要は無い。

というのが、マクロ的な今の自分の捉えかたです。

ただ、あくまでマクロ的な捉えかたですよ!!

自分の私見が誤っているかもしれません。

個々の案件としては、十分採算の取れるやりかたはあると思っています。



今度の土日には、来年を占うセミナー「不動産投資の戦略マップ」が開催されます。

不動産投資業界のそれぞれの分野の方が、セミナーのタイトルに基づき、各ポジションの立場で話されます。

自分も懇親会を含めて参加しますが、各分野のエキスパートの方々のお話を聞いて、自分に合った投資方針を再構築したいと思っています。

今年初めに開催された前回の時に参加しましたが、大変参考になりました。
私が初めて参加した有料セミナーでしたが、人脈と見聞が一気にひろがり、
セミリタイアまでしてしまいました(笑)
まさに人生を大きく変えるきっかけとなったセミナーです。

昨日の段階で、あと数名で定員になるとのことでした。

参加ご希望の方はまだ間に合えば下のバナーからお申し込みできます。




人気ブログランキング
人気ブログランキングへ ← 応援の1クリックお願いします
               クリック頂けると、嬉しいです。