東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日は、不動産会社さんの依頼で、大阪で「収益不動産融資のポイント」の内容でセミナー講師を務めました。

大阪は、元々勤めていた都銀が関西系ということもあり、銀行員時代に何度か行ったことがありますが、プライベートでは片手で数えられるぐらいしか行ってません。

たまにしか行かないエリアを散策するのは好きなので、当日は早目に現地入りして1時間ほど街をブラブラと歩きました。

お昼になり、神戸の不動産投資家さんとセミナー会場近くのリーガロイヤルホテルでランチ。

そしてセミナー講演と、その後の個別相談会。

夕方には、関西の大家さんの会「プレイヤーズ」の方々とラフェットひらまつにて会食。

2次会のお開きは午前様となりました。

フェースブック等でつながっていても、お初お会いする方々もおり、たくさんの大家さんや大家さんの卵さんと楽しく充実した1日を過ごさせて頂きました。

あまり普段お会いしていない凄腕の大家さんや、大家さんの卵さんとお話させて頂くと、こちらも新たな気付きや刺激を受けます。

2次会の時には、お店の人に「最強のネゴシエーター」と称させるだけの交渉を拝見させて頂き、自分の折衝の甘さを痛感させられたりもしました。

私のブログやコラムの愛読者の方という方も多く、最近は、顔なじみの大家さんとの交流が多くなっていましたが、今年は私の読者の方々とお互い気軽にお会いできる仕組みづくりを考えてみたいとも思います。


最近、健美家コラムで資産管理会社・資産保有会社について書いているので、昨日は個別相談会その系統のご相談を結構受けました。また、自社で行っている個別相談でもよく質問を受けます。

健美家コラムでも、ニッチなテクニックについて書いていますので、
もし宜しければ参考にしてください^^

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/23.html  ← 健美家コラム最新話 


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^


スポンサーサイト
健美家コラム更新しました。

http://www.kenbiya.com/column/okamoto/22.html ← 健美家コラム 融資も視野に入れた資産管理会社活用法

2013年度の与党税制改正大綱の原案では、
○中小企業には800万円を上限に交際費をすべて損金算入することを認める。
 現在は年600万円を上限に9割までしか算入できないため、
 全額を対象にして中小企業の営業活動を後押しする。
○所得税の最高税率を40%から45%に引き上げ。課税所得4000万円超の部分を対象に適用。
○相続税の最高税率を50%から55%へ。6億円超の相続財産を対象に
○相続税は個人が住宅に使っていた土地の減税について、対象を現行の1.4倍となる330平方メートルまでの土地に広げる。
○相続税の死亡保険金の非課税枠(法定相続人1人あたり500万円)の拡大は見送る。
など、大家さんにとって注目すべき内容が盛りだくさんです。

不動産のマーケットは、実際の需給バランスのみで形成されるものではありません。

その時の税制・金融環境に大きく影響を受けます。

不動産価格もバブルの時のように日本全体の相場が総じて同じ方向に振れるわけではありません。
今では、同じブロックでも表通りと裏通りでは動きは違います。

融資も全ての方に緩和されるわけではありません。
人や企業にとっては厳しくもなるでしょう。

視野を広く、アンテナを高くして、今の自分の属性やポジションを勘案しつつ、投資エリアや物件にどのように影響するか判断していかなければなりません。

いずれにせよ既に大きなうねりが起こっています。

インフレや金利動向も含めて大波に対応できるよう早めの備えが必要です。


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^








人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
                     応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 


ジェービルです。


昨日は、「東京大家の会」オフ会を開催。

大家さん、土地家屋調査士さん、管理会社さん等交えて、時間無制限飲み放題でしたので、
夕方から6時間通しで、飲み語りました。

普段ブログ等では絶対書けないコアな内容も多かったです。

いつも思いますが、大家さんの飲み会は話が尽きないです。

参加者の皆さんお疲れ様でした。


昨日のオフ会でも一部話題に上がりましたが、、最近の政府税制調査会の動きを
見ていると、大家さんにとって影響が大きいことが多いです。

 *内閣府ホームページ参照

1.所得税

  所得税は、税を調達する能力が落ちている。
  高所得者ほど負担が大きい累進性を強化して、再分配効果を強めるべき。
  累進性を強める方法としては、サラリーマンの給与所得控除に上限を設け、
  高所得者からの税収増を図る考えでほぼ一致


  また、「配偶者控除」や「扶養控除」の見直しも議論。
  →これは、「こども手当」も絡みそうです。

  所得税最高税率40%の引き上げも賛否が分かれる。
  →実際に最高税率を上げても、税収増にはあまり結びつかないです。
   ただ、消費税税率アップの前に、マス層の不満感を和らげるために
実施するかもしれませんね。

2.相続税

(1)あるべき基礎控除の水準
   ・ 20 年近くに及ぶ地価下落を踏まえ、高止まりしている基礎控除の水準をどのように
    見直し、資産再分配機能を回復させるか。
   ・ 低下傾向にある課税割合(平成20 年:4.2%)をどのように是正するか。
(2)税率構造
    過去の累次にわたる改正における、?最高税率の引下げ、?税率区分の削減、
    ?ブラケット幅の拡大に伴い低下してきた相続税の資産再分配機能を
    どのように回復させるか。
(3)死亡保険金・死亡退職金
    死亡保険金・死亡退職金の非課税措置について、課税ベースの拡大を図る必要性や
    制度の趣旨の今日的意義の低下を踏まえ、見直すべきではないか。

    様々な金融商品が相続財産に含まれている状況の中、死亡保険金についてだけ
    他の商品にはない特別の取扱いとなっていることを、課税の中立性の観点から
    どのように考えるか。

  死亡保険金については、自分も相続税を絡めて、生命保険に入っています。
  相続税の課税対象が広がるならば、アパートローンの団信の活用強化も
  検討せねばならないです。


3.法人税

  法人税率の引き下げをめぐっては、菅首相が2011年度の税制改正議論において
  引き下げ方向で検討するよう指示していることを明らかにしており、海江田担当相は
  「税率が下がることになると思う」と踏み込んだ発言をしています。
  ただ、最近の報道を見ていると財務省と経済産業省の駆け引きが激しそうです。


 ますます法人化の巧拙が不動産賃貸経営にとって重要になってきそうです。

 不動産コンサルティングをしていても、この質問が多くなりました。

 また掘り下げて書きたいと思います。


 人気ブログランキングへ ← クリック頂けると書く励みになります
                  いつも応援いただき感謝です^^



 ← 助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル
                   他の本では得られない不動産管理ノウハウ満載です






 
  
中村豊デザイン集 ← 私も活用してます

中野照明   ← 間接照明専門店中野照明商店のホームページ

人気ブログランキングへ ← 不動産ブログランキングに参加しています。
              左の雪ダルマさんを応援クリックしてもらえると嬉しいです^^ 


ジェービルです。

最近、法人の設立について、相談を受けることが多くなりました。

私も、今回取得した5棟目ホワイトベースは資産管理法人で融資を受け、取得しています。

これから、法人をどう使うか。

来年以降は、その巧拙が、大家さんの経営をこれまで以上に左右してくると思ってます。

それは、
現在政府が進めている税制改正・こども手当などの政策。
不動産賃貸業を行ううえでの資金調達環境の変化。
などが、加わってきているからです。

ただ、法人を作るべきか、法人設立のタイミング、株式会社か合同会社かなどのポイントは、資産背景、属性、長期的目標等によってそれぞれ異なります。

資産家や高額所得者は従来以上に重要性が増しますが、今から不動産賃貸業を始めたいけれど所得も資産も少ない方も重要になってきています。

というより、ここ数年の不動産投資のトレンドから脱却しなければ、多分既存の大家さんもハッピーリタイアどころか退場を余儀なくされる方が増えるでしょうし、新規参入はなおさらのことです。

歴史は繰り返します。
平成バブル崩壊のときと背景は違いますが、感じは似てます。

最近、いろいろな方とお会いしています。

サラリーマンを卒業し、ブログを発信するようになりまして、銀行時代の取引先の経営者の方や、不動産投資を通して知り合ったいろいろな業界の方々。

今月に入り忘年会が多くなりました。

経営者や企画部門でちょうど来年の計画を立てられている方も多いです。

話していて気付いたことがあります。

最近、思考がこじんまりとまとまっていたことを。

自分はもともと銀行の法人融資営業が仕事でした。

最近アパートローンのバーが上がったと嘆く方が多いです。

でも、これは上がったのではなく、元に戻っただけです。

平成バブルが崩壊し、失われた10年。

そのときも自分はベンチャー企業にも融資をしていました。

無担保で、億単位です。

そういう資金調達は今も可能です。

アパートローンというくびきから脱却したところに道は開けると思っています。

もちろん基本的なところはしっかりと理解して、身に付けておかなければなりませんが。

不動産投資家を目指すのではなく、不動産事業家、そして今から参入を希望される方はベンチャー企業経営者としてのスタンスで展開していくことを考えないと来年は伸びない時代だと予想します。

「サラリーマンで副業禁止規定があるから無理」という意見も聞きました。

でも、そのための法人です。

株式会社は所有と経営が分離しています。

一人の力で無理なら仲間と組んで行うのも一案です。
財を出す者、知恵を出す者、労力を出す者。

他にもいろいろと応用が利きます



先日紹介したホリエモンのセミナー

ホリエモンこと堀江貴文さんによる
日本で初の起業初心者向けセミナーに申込みが殺到しています。

300人のセミナーですが、残席もわずかだそうです。

歴史は繰り返します。

バブル崩壊後、次のターンでは、起業家が活躍する時代です。

ぜひ、先輩起業家のフォースを感じてみてください。

▼興味ある方は下をクリック願います。

今日18日(金)の26時にはS席の早期割引価格が終了するそうです。

「ホリエモンエピソード ゼロ」セミナー




人気ブログランキングへ ← 応援の1クリックもお願いします
               クリック頂けると、嬉しいです^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。