東京都区内ドミナント戦略でセミリタイア!!  不動産投資・経営コンサルタント「東京房屋®」社長のブログ

2017/01123456789101112131415161718192021222324252627282017/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健美家コラム更新しました。

今回は、大家さん業界でホットな話題の民泊・Airbnbについて書いています。

https://www.kenbiya.com/column/okamoto/83/ ← 健美家コラム Airbnbなどの民泊はこれからどうなるのか?

今回のコラムは10日前ぐらいに、直近の行政の動きをコラムにまとめて入稿したのですが、想定以上に動きは早そうです。

以下、本日の日経のニュースです。

「民泊、許可制で全国解禁 来春にもルール」

厚生労働省と国土交通省は個人が所有するマンションや戸建て住宅の空き部屋に旅行者を有料で泊める「民泊」を来年4月にも全国で解禁する方針だ。現在は旅館業法などで原則禁止しているが、無許可の営業が広がり、トラブルも相次いでいる。訪日客の急増で宿泊施設の不足が深刻になっており、早急に明確な基準をつくり、安心して使える民泊を普及させたい考えだ。

 政府は6月にネット仲介を通じた民泊の規制改革について16年中に結論を得ることを決めた。ただ法令違反が続き、旅館業法違反の容疑で逮捕者が出たり、見知らぬ人物の出入りによる近隣の苦情が増えたりするなどの問題が噴出。厚労省と国交省は法改正を必要としない範囲で早急に基準を整えることにした。

 厚労省は今年度中に旅館業法の省令を改正し、営業許可の基準を緩和する。「ホテル」「旅館」「簡易宿所」「下宿」の4種類の営業許可に、新たに「民泊」を加える案が有力だ。都道府県などに申請して基準を満たせば、許可を得られる。

 許可の基準は、客室数の規制がないなど民泊に最も近い簡易宿所を参考にする。簡易宿所は客室の延べ床面積が合計33平方メートル以上必要だが、一般住宅を利用する民泊の場合は広さの基準を緩和する見通しだ。旅館業法には宿泊名簿の管理や入浴設備、換気などの詳細な規則があるが、民泊の実情に合わせた新たな基準を検討する。

 国交省は建物の安全規則を定めた建築基準法の運用で民泊の扱いを検討する。旅館業法で営業許可が出ると、建築基準法では自動的に「ホテル・旅館」に区分けされ、非常用照明の設置などが求められる。ただ実際に貸し手が生活する住宅であれば、新たな設備の設置を不要にする方針だ。

 旅館業法の許可は都道府県などが出すため、自治体が民泊の実態を把握しやすい。近隣で事故やトラブルが発生した場合には立ち入り調査や警察との連携も取りやすくなるとみている。ただ訪日客の場合、言葉や文化の違いから深夜の騒音などで近隣住民とのトラブルが相次ぐことも予想される。特に住宅地などで民泊を始める場合、こうした問題をどう防ぐかが大きな課題になる。
 すでに政府は国家戦略特区で旅館業法の適用を特例で外し、訪日客向けの民泊を認める制度を設けている。東京都大田区が早ければ来年1月に開始するが、7日以上の滞在が条件になる。旅館業法の許可であれば、宿泊日数の制限がない。ただ一方で、今回の制度は旅館業法の許可を受けるため、固定資産税を6分の1に軽減する住宅向け特例が当面は適用されないデメリットもある。
 厚労省と国交省は長期的な視点で法改正を含む対策も検討する。月内に有識者会議を立ち上げ、違法営業の取り締まりなどのトラブル防止策や適切な課税方法などを議論する。今年度内に方向性をまとめ、来年末までに報告書を作成する。与党との調整も踏まえ、法整備は早くても17年の通常国会になりそうだ。」

ちょうど次回のコラムを書こうとしていたところですが、内容が大きく変わりそうです(^_^;)

https://www.kenbiya.com/column/okamoto/83/ ← 健美家コラム Airbnbなどの民泊はこれからどうなるのか?


人気ブログランキングへ ← 他の役に立つ不動産情報はこちらから
                 いつも応援いただき感謝です^^




コメント
この記事へのコメント
この話題、非常に気になってますが、どうなるんでしょうね。
なくすことはしないでしょうけど、治安を考えると、何か規制を設けて、認める形になるのでは?と考えてます。
2015/11/27(金) 06:47 | URL | じゅん #-[ 編集]
丁度、各自治体で条例ができつつありますね。
合法的にはなりますが、競争は激しくなりそうです。
2015/12/03(木) 08:46 | URL | 岡本 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okamotomikio.blog63.fc2.com/tb.php/1015-2ab60750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。